日本古来から言い伝えられている風習である「厄年」ですが、聞いたことはあってもいったいいつなのか、みなさんはご存知ですか?
由来は陰陽道だと考えられていますが、現在でも定かではないそうです。
厄年といっても、前厄、本厄、後厄と3年あります。
男女どちらも3度ありますが、2度目が大厄と呼ばれています。凶事や災難に遭う率が非常に高いといわれ、十分に警戒する必要があるそうです。
不安を感じる方は本厄の年に「厄払い」、「厄除け」を行うことをお勧めします。
男性の厄年(満年齢での場合)1度目の厄年:【前厄が23歳】【本厄が24歳】【後厄が25歳】
2度目の厄年(大厄):【前厄が40歳】【本厄が41歳】【後厄42歳】
3度目の厄年:【前厄が59歳】【本厄が60歳】【後厄が62歳】
女性の厄年(満年齢での場合)1度目の厄年:【前厄が17歳】【本厄が18歳】【後厄が19歳】
2度目の厄年(大厄):【前厄が31歳】【本厄が32歳】【後厄33歳】
3度目の厄年:【前厄が35歳】【本厄が36歳】【後厄が37歳】

担当ライター:アンカル
▼外部リンク
平成23年の厄年早見表


■関連記事
コトブキヤ綾波レイ〜プラグスーツstyle.〜』
goo調べ『シリーズ10作目まで行きそうな人気ゲームランキング』
JOYSOUNDユーザーに聞いたカラオケBOXでよくある瞬間"カラオケあるある"
電子書籍を知ろう【その3、BOOKSCANで電子化体験してみなイカ!?】
『声優アニメディア 2011年 1月号』カバーは水樹奈々さん、田村ゆかりさん