mixiのメアド検索でバレちゃったこと大全集 「妹が中絶コミュに入ってた」「父親がネカマだった」

写真拡大




mixiが先日リリースし数日でリリースを撤回し元に戻してしまった、mixiのメアド検索機能。これにより多くの人が被害にあっていることだろう。中にはクリスマス前に援交が発覚しわかれたカップルも出てきたくらいだ。そんなメアド検索でバレちゃったことが『NAVERまとめ』にまとめられていたので、紹介したい。
下記がその一覧となる。

・同僚にハブられてた …… 見なかったことにしたい。
・オークション詐欺の犯人が見つかった …… 逆に追い込むチャンス?
・父親がネカマだった・・・ …… 父親はっけん! え、10代女性?
・友達の入っているコミュニティが笑えなかった …… 右翼コミュだらけって!
・会社の子の日記発見 …… 変なこと書いてなければ良いんだけど。
・職場の先輩が腐女子だとわかった …… 逆に仲間じゃない?
・妹が中絶コミュに入ってた・・・ …… 中絶の知識を身につけていただけ! たぶんそう……。
・知り合いが、変態コミュに入っていた …… 変態度合いにもよる。
・彼女が風俗嬢だった …… なんかの間違いだよ!
・入籍前の彼女がバレンタインデーに別の男と会っていた …… そもそも入籍前なのにマイミクじゃないって。
・好きだった人の水着姿が見れた …… これはお得かも。
・元セフレが結婚していた …… まあそんなものです。割り切りましょう。
・やってないと言っていた彼女のアカウントを発見 …… 泣いていいよ。
・家族でマイミクじゃなかったのが自分だけだった …… 家族同士でマイミクなんて逆に気持ち悪いよ。
・彼女に振られた理由がわかった …… だからこんな覗くような行為するから。

どうだろうか。mixiのメアド検索によりこのようなことが発覚してしまったようだ。知らぬが仏とは言うがまさにその通り。好奇心で検索してみたら予想の斜め上を行く凄いものを目の当たりにしてしまうことになる。
上記の『NAVERまとめ』以外にも周りに聞いたところ、以下のような意見が出てきたぞ。

・知り合いの女性が鬱病日記を書いていた。
・既婚者なのに未婚だと偽っている友達Aを発見。
・友達がエンヤの大ファンだった。

などなど、この機能から様々なことが判明してしまうようだ。便利なようだが、覗き見るという行為と、覗き見られていると認識されていないことが問題のようだ。『Twitter』のようにオープン前提で作られたものなら何の問題もないのだろうが……。急なリリースで勝手に設定されるのは困ったものである。

mixiのメアド検索でバレた残念なこと(NAVERまとめ)

■関連記事
矢口真里が早速『二ノ国』をゲットする! 過去の“矢口真理語録”を集めてみた
オーラの泉で江原啓之が海老蔵に対してスピリチュアルが的中してた! 「舞台以外での事故・怪我注意!」
レベルファイブ『二ノ国』完成披露会 既に60万本を受注
iPhoneユーザーにありがちなこと 「ガラケーでもフリック」「電波入らない」
電車内で電話をしていた男性を注意! 見ていた第三者が危険を感じ停止ボタンを押し2chで「誰が悪いか」議論に発展