卓上の愉快な仲間達!(画像:amazon.co.jp)

「モノポリー」は1935年にアメリカのチャールズ・ダロウという方が考案したとされるボードゲームです。これまでも何度か日刊テラフォーでも「モノポリー」関連の記事を取り上げたことがございます。今回はモノポリーをしたことがないという方向けに、初心者でも気軽にモノポリーが出来るゲームサークルをご紹介したいと思います。

※「モノポリー」とは、プレイヤーがサイコロを振ってボード上を移動し、そこにある土地や建物等を購入して不動産経営をしていき、最終的に資産を独占(モノポリー)したら勝利となるゲームです(「いただきストリート」と似ています)。
荒川モノポリークラブ(ARAMC)以前荒川モノポリークラブ(ARAMC)というモノポリークラブをご紹介いたしました(詳細はリンク先を参照してみて下さい)。このたび荒川モノポリークラブで平成23年2月6日に半年に1度のタイトル戦「あらモノ杯」が開催されることが決定しました。

その大会のシステムを簡単に説明すると、一日4ゲームを行い最も高得点者が優勝(あらモノ金将と称します)するというものです。また半年間の月例会の成績上位者は「あらモノ名人戦」「あらモノ竜王戦」というタイトル戦も同時進行しており、毎回かなりの盛り上がりを見せております。

ちなみに参加者全員に何かしらのプレミアアイテム(食品系が多いです。またアニメ関係の非売品グッズ等も多数出展される予定です。)が手に入ります。

毎月第一(又は第二)日曜日に西日暮里の会場に行けば、初心者でも楽しくモノポリーをプレイ出来ます。また、個人成績を記録しており毎月の優勝者には豪華な賞品が授与されるのも荒川モノポリークラブを勧める理由の一つです。

さあ、レッツプレイモノポリー!


(C)2003 HASBRO,INC.
▼外部リンク

荒川モノポリークラブHP
モノポリー

■関連記事
週刊少年サンデーからAKB48の香り
アニメ『花咲くいろは』公式サイトがリニューアル
『KILL ZONE3』の発売日と価格がついに決定!!
『ハヤテのごとく!』劇場アニメ化決定!!
エレコムの鍵型USBメモリー『iamakey』