町田ひろ子アカデミー東京校(町田ひろ子校長)は、12月6日、東京・赤坂のサントリーホールブルーローズにて、2010年度公開プレゼンテーションを開催した。この公開プレゼンテーションは、就職支援を目的に開催される恒例にして同校最大のイベント。学内で選抜された学生チームが、インテリア・住宅・デザイン業界への就職を目指して研鑽を重ねて来た成果を、企業関係者を前に競うもの。今回は、101社157名という数多くの企業関係者が出席した。今回の公開プレゼンテーションは、「Interior de Dietをトレンドにする」が共通テーマ。インテリアコーディネーター部門で選抜された5つのチームが、自分たちなりに考えた“Healthy and Beautiful Design”を披露したが、どのチームも、提案内容もさることながら、見せ方にも工夫を凝らしたプレゼンを展開、緊張し過ぎて言葉に詰まったり、ダンドリを忘れたりという姿も初々しく、あっというまの1時間であった。
参加した企業関係者の投票の結果、最優秀プレゼンテーションには、チーム名「ハッピー住まいる」(インテリアコーディネーター専門科2−Dクラス、大島千香子さん、小村磨美さん、樋口杏奈さん)が選ばれた。町田校長は、この公開プレゼンは、学校という温室の中で大事に育てられた学生たちが、競争して選ばれるという、社会に出るといくらでもある経験を味わうことが出来るもの、選ばれてうれしかった人も、悔しい思いをした人も、これをバネにがんばって頂きたい、などと述べた。

なお、同校では、企業が学生と直接面談出来る「2010年度企業説明会」を来年1〜3月の毎週月〜土曜日夕方から開催する予定。また、2010年度生徒作品展を、12月11日(土)〜27日(日)、町田ひろ子アカデミーGREEN House(東京・北青山)にて開催する。