学生のアルバイト探しで携帯を利用7割――人材採用支援サービスを提供するHRソリューションズ(東京都中央区、武井繁社長)が、大学4年生と大学院1、2年生を対象 に、2010年11月13日〜15日の間、「大学生のアルバイト探しにおける携帯利用調査」を実施し1031人の回答を得た。

 「アルバイトを探す際、携帯電話(スマートフォンを含む)を利用しますか?」(単一回答)という質問に対して、「携帯とその他の手段を併用」という回答が最も多く66.9%。さらに、「アルバイト探しは携帯でしか行わない」と答えた学生は5%で、あわせて71.9%がアルバイト探しに携帯を利用していることが分かった。

 「アルバイトを探す際に、携帯電話(スマートフォンを含む)を利用した理由は」(複数回答)と聞いたところ、最も多かった回答は「場所・時間を選ばず、いつでもどこでも利用できるから」が91%で、2位以下を大きく引き離している。

 その他の回答は、「携帯の方が使い慣れているため」(32.1%)、「希望しているアルバイトを検索しやすいから」(26%)、「早く応募しないと締め切られるため」(24.9%)と続いている。

 パソコンなどの携帯以外の手段については、「インターネット接続の手段として携帯しか所有していなかったから」と回答した方はわずか15.1%で、ほとんどの学生は携帯以外にも、パソコンなどのインターネットへの接続手段を有しており、“いつでもどこでも”という“利便性で携帯を利用している実態が明らかになっている。

アルバイト・パート時給 営業系職種が増加に転じる
求人広告件数が大幅に増加、前年同月比25.2%増
メディカル業界、SNS企業で求人増 インテリジェンス調べ

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。