「特別展 ダ・ヴィンチ〜モナ・リザ25の秘密〜」は、2011年2月20日まで、日比谷公園にて開催中。天才・レオナルド・ダ・ヴィンチの頭の中をちょっとのぞいてみては?

写真拡大

世紀の名画「モナ・リザ」や、「最後の晩餐」を描いたダ・ヴィンチの“頭の中”に迫る「特別展 ダ・ヴィンチ〜モナ・リザ25の秘密〜」が、12月7日(火)より、日比谷公園内の特設会場でスタートした。これまで幾度となく日本人を魅了してきたレオナルド・ダ・ヴィンチだが、今回の展覧会は、今までとは、ひと味もふた味も違う! 高解像度技術を使い500年前の色合いが再現されたモナ・リザが登場するなど、超“体験型”のイベントなのだ。

【写真】本邦初公開!? モナ・リザ25の秘密はコレだ!

今回、一番の注目は、最新技術を駆使し徹底解明された「真のモナ・リザ」。2億4000万画素(!)という、超高解像度のカメラで実物を何枚も撮影することで、約500年前のモナ・リザの姿を再現しているのだが、この再現っぷりがかなりの感動モノ! 今見るモナ・リザは、全体に黄色っぽく暗い印象があるが、500年前の背景は、ラピス・ラズリを使った絵の具の澄んだブルー、肌の色もピンク色、洋服の袖口も輝かしいゴールドと、モナ・リザのイメージを根本から覆すような、それはそれは美しい配色なのだ。

また、画像解析により、あの神秘的な笑顔も何度も手直しがされていることが判明したり、今は見えないまつ毛や眉毛が当時は描かれていたことが分かったりと、もう一つ一つが驚くことばかり。しかも、そんな25の発見を、分かりやすくアップで展示していたり、解説しているから、ダ・ヴィンチファンの記者としては、否が応でもテンションは上がってしまう。

そして、もう一つの注目が、“発明家・ダ・ヴィンチ”の功績を体感できること。飛行機や時計、機械や舞台装置に至るまで、現在のテクノロジーの原点ともいえる発明品の数々を、実際に触って確かめることができるのだ。レオナルドが動かしたように、自分もテコを動かしていると、なんだか彼の時代にタイムスリップしたような気になるから不思議…。

ちなみに、記者一番のオススメは、入り口すぐに飾られているレオナルドの直筆の手稿(メモ)と、会場中程に飾られている人体解剖図のデッサン。細かな文字でびっしりと書かれたメモやスケッチなどは、ファンにとっては垂涎モノだし、解剖スケッチの細かさや正確さには、うっとり見とれてしまう。

あるようでなかった、“ダ・ヴィンチの頭の中”を巡る「特別展 ダ・ヴィンチ〜モナ・リザ25の秘密〜」は、2011年2月20日(日)まで、日比谷公園ダ・ヴィンチミュージアムにて開催中。500年前、実在した天才・レオナルド・ダ・ヴィンチの頭の中をちょっとのぞいてみては? 仕事や日常生活の最高の刺激になること請け合いだ! 【東京ウォーカー】

【関連記事】
玉木宏がダ・ヴィンチの指紋の真実に迫る!! (ザテレビジョン)
駅ナカレストランから“ニコ動”本社まで!“東京のNEXT新名所”はココだ (東京ウォーカー)
「ダ・ヴィンチ・コード」の続編「ロスト・シンボル」が待望の日本上陸!! (ザテレビジョン)
東大教授が斬る!話題作「天使と悪魔」のウソ・ホント (東京ウォーカー)