"女子が読む少年マンガ誌"というコンセプトの月刊コミック誌『コミックジーン』が、2011年4月に創刊されることになりました。以前から少年誌好きな女子というのは存在していましたが、「女子が読む」と堂々と宣言しているのが、この雑誌の新しいところです。
 
 今回発表になった連載予定作は以下の3つ。2009年にアニメ化された『まりあ†ほりっく』(作・遠藤海成)のスピンアウト作品、他誌から移籍連載される『BLAVE10』(作・霜月かいり)、第4回MFコミック大賞受賞作『Black Bird』(仮タイトル、作・蓮一弥)です。

 「少女誌=女子読者」「少年誌=男性読者」の枠をはずすことで、多くの支持を集め、作り手側、読み手側双方の既成概念を打ち破ろうとする狙いがみえます。12月4日にオープンした公式サイトでは、予告動画がアップされ、「もう隠さなくていい」「さらけ出していい」などの文字が。いままで、こっそり少年誌や少女誌を読んでいた人へのメッセージのようにも思えます。

 今後も順次、連載陣を発表する予定。女子が満足する新しい少年マンガ誌が登場するか、期待が集まっています。







■ 関連記事
『デビュー10周年で初の公式本〜『伊坂幸太郎』11月26日発売』(2010年11月28日05:58)
『電子出版ビジネス情報誌『eBookジャーナル』が創刊』(2010年11月27日05:55)
生前に売れた絵は1枚だけだったゴッホ〜『大人の塗り絵 ゴッホ編 』(2010年11月26日20:30)


■配信元
WEB本の雑誌