君はメガドライブのオンラインゲームを体験したことがあるか?

写真拡大

いまでこそオンラインゲームやオンラインゲーム配信は常識の時代になっていますが、メガドライブにもオンラインゲームやオンラインゲーム配信があったのをご存知ですか? メガドライブ単体では通信はできないのですが、メガモデム(9800円)というオプション機器を追加で購入する事でそれらのサービスを受けることができるのです。

メガモデムのメインとなるサービスはゲーム図書館で、いまで言うところのプレイステーションストアやXboxマーケットプレイスのようなもの。800円を払う事で、一か月間好きなだけゲームをダウンロードできたのです。1990年の話ですので、もちろんテレホーダイなんかありません。電話代がかかるので、場合によっては高額になる事もありました。

しかも、正直に言ってしまうと面白いゲームはほぼ皆無で、「家にいながらゲームを手に入れる事ができる」という点以外のメリットを感じる事ができませんでした。時代を先取りしすぎて、ゲームソフトのラインナップや内容を完成度の高いものにできなかったわけですね(既存のゲームソフトの配信もありました)。

スーパーファミコンにもXBAND(エックスバンド)と呼ばれる通信対戦サービスがありましたが、こちらは成功したとは言いがたいものの、それなりにユーザーを増やしてメガモデムよりは成功したようです。しかし、メガモデムと同様に時代を先取りしすぎたため、最終的にサービスが終了してしまいました。

それらの前例があったからこそ、現在のゲーム機を使ったインターネットシステムが素晴らしいものになっているのは間違いありません。何事も、失敗を繰り返して完成度を高めていくものなのですね。

イラスト原画: 菅原県

■関連記事
『モンハン』売切れで親子が買えず / 買えた客に親がイヤミ「いいよねー買えてさ、大人なのに変だね〜」
ペプシが作ったコカコーラとの対決CM / ペプシを飲むコカコーラ社員の姿をiPhone撮影
冬はラーメンの季節! あなたが好きなラーメンの味はどれ? 1500人アンケート結果
ビデオチャット美少女(11歳)の父親が激怒「ウチの娘を馬鹿にするな!」
ホリエモンの苦言にソフトバンク孫社長が返答「私の命をかけて必ずドコモを超える」