(株)バルスでは、中国・上海で開発中の大型複合施設「上海瑞虹新城Project(RXHC Project)」について、このほど上海瑞虹新城有限会社との業務提携を発表した。
「RXHC Project」は、上海で計画される中心的な複合開発で、2016年までに約45万平米の広大な敷地にマンション、商業施設、並びにオフィスなど、延床面積約170万平米の開発が計画されている。バルスはこの業務提携により、「RXHC Project」の商業エリア中央区画に、約2680平米(3フロア:地下1階、1階、2階)という「Francfranc」(フランフラン)の上海旗艦店を出店する予定。オープン予定は2014年初め。同店はフランフラン最大規模になる。
なお12月3日にオープンした「Francfranc 上海新天地店」も、同取り組みの一環として出店されたもの。