ゲームショップがゲームショップにゲームを売る

写真拡大

今回はゲーム業界の末端の話をしたいと思います。現在もそうなのかは不明ですが、少なくとも10年以上前までは、ゲームショップと古本屋の中間のような店や、あまりにも規模が小さい店は、問屋が相手にしてくれないケースがありました。つまり、ゲームソフトを卸してくれないわけですね。

そういう店がゲームソフトを売りたい場合、中古のゲームソフトをお客さんから買い取らなくてはならないわけです。でも、そんな商売を続けていたら、小規模な店は儲けが出ません。新品のゲームソフトを売って利益を得たいですし、新品を売ることにより、ゲームユーザーが店に足を運んでくれるようになります。

そんな店のなかにも、新品のゲームソフトを売っているところがありました。問屋はゲームソフトを卸してくれないのに、どうやって新品のゲームソフトを売っていたのでしょうか? そこには、ショップ間の協力体制があったのです。

問屋と取引がある他のショップを介して新品のゲームソフトを手に入れていたのです。「ゲームは売ってないけどゲーム問屋と取引ができるショップ」が仲介してくれていたわけですね。もちろん手数料を払う事にはなりますが、新品のゲームソフトを売れるのはゲームショップにとって嬉しい事です。なかには、ゲームショップがゲームショップに新品のゲームソフトを手数料を上乗せして売っていることもあったようです。

現在はこのような店の話を聞かなくなりましたので、体制やルールが変わっているのかもしれませんが、そのような方法でゲームソフトを売っている店があったことは事実です。

イラスト原画: まそ先生(2ch全AAイラスト化計画

■関連記事
『モンハン』売切れで親子が買えず / 買えた客に親がイヤミ「いいよねー買えてさ、大人なのに変だね〜」
ペプシが作ったコカコーラとの対決CM / ペプシを飲むコカコーラ社員の姿をiPhone撮影
冬はラーメンの季節! あなたが好きなラーメンの味はどれ? 1500人アンケート結果
ビデオチャット美少女(11歳)の父親が激怒「ウチの娘を馬鹿にするな!」
ホリエモンの苦言にソフトバンク孫社長が返答「私の命をかけて必ずドコモを超える」