■ライトヘビー級/5分3R
ステファン・ボナー(米国)
Def.3R終了/判定
イゴール・ポクライェク(クロアチア)

広いスタンスで左右にステップを踏むボナーに対し、ポクライェクがパンチでラッシュを仕掛ける。だが、組み付いたボナーが冷静にテイクダウンを決めると、亀になるポクライェクからバックをうかがう。

スタンドに戻ると、ケージ際でポクライェクをがぶって、ギロチンで引き込んだボナー。極まらないとみるや、上をとって仕切り直す。

下から蹴り上げるポクライェクの足を払って、パスを狙うボナーがサイドへ。ボディにエルボーを放つと、背を向けたポクライェクの動きに合わせてバックを取ると、側頭部にパンチを入れる。

2R、前に出るポクライェクが、後退するボナーを追いかけるも、巧みに体を入れ替えたボナーは首相撲からヒザ蹴りを連打。すぐさまタックルを狙う。

このテイクダウンアテンプトを防いだポクライェクに、差し合いから払い腰を決めたボナーは、サイドを奪うと鉄槌を落とす。なんとか立ち上がったポクライェクを追いかけるように組みついたボナー。スタンドで距離を取ると、力を振り絞るようにポクライェクがパンチで突進、ボナーも必死に組みついて打撃の距離を潰していく。

3R、スイッチしてサウスポーから左ロー、組み付いてテイクダウンを決めたボナー。ガードで上になると、ボディへのパンチ、エルボーを見せるが、ポクライェクも空間ができると下から蹴り上げていく。

それでも、ハーフからパウンドを落とし、腰を切ってサイドを奪ったボナーは、亀になったポクライェクから再度バックに付いた。ここで一度は上を取ったポクライェクだったが、冷静に凌いだボナーは上を取り返し、サイドから鉄槌を落とすも、頭を上げたポクライェクの後頭部に攻撃を加えたと、1ポイントの減点に。試合はそのまま終了し、判定になったが、減点の影響はなく、終始優勢に試合を進めたボナーが勝利を飾った。