■ウェルター級/5分3R
リック・ストーリー(米国)
Def.3R終了/判定
ジョニー・ヘンドリックス(米国)

サウスポーで構える両者。ストーリーが前に出て小気味よいワンツーを放つと、ヘンドリックスは組み付いて一気にケージへと押し込む。だが、ストーリーが突き放すと、今度は自ら距離を詰め、ケージ際でヘンドリックスにボディショットを連打する。

左のストレートを伸ばすヘンドリックスを、ジャブでけん制し、そのパンチはウェービングでかわすストーリー。残り1分半、ストーリーがヘンドリックスをケージに詰めて左右を連打、ラッシュを仕掛けると、ヘンドリックスはガードを固めつつ、隙をみて小走りのように距離をとって難を逃れる。

だが、残り30秒ではストーリーの左ミドルをキャッチし、ヘンドリックスがテイクダウンに成功。ストーリーが立ち上がったところで1Rが終了した。

2R、ヘンドリックスの左右のフックをバックステップでかわしたストーリーは、距離を詰めてボディフックの連打からテイクダウンに成功。ヘンドリックスのギロチンを外し、パウンドを落すストーリーは、バックに乗りすぎ前方に振り落される。

それでもシングルレッグから立ち上がり、ケージ際での組み合いが続く。再び距離を取った両者は、やや距離を置いてパンチを繰り出す。バックを取ったストーリーが太腿にヒザを入れると、ヘンドリックスはスイッチを狙うが、バックに回るには至らない。

両者が距離をとり、打撃戦に戻ったところで2Rが終了、試合は最終3ラウンドへ。

両陣営が「判定にするな」と指示を出し始まった最後の5分。ストーリーはヘンドリックスのシングルをケージ際で受けとめ、キムラアームロックを狙う。足を挟みこみ、バックに回るヘンドリックスだが、ストーリーとともにスピード感に欠ける。

ケージでの組み合いが続くねちっこい展開になるが、ヘンドリックスがダブルレッグに切り替え、一度はストーリーに尻もちをつかせる。立ち上がろうとするストーリーに対し、ヘンドリックスはバックに回り込まず、腰をコントロールし正面からダブルレッグを狙う。

残り30秒を切ってなお、ケージレスリングの攻防が続き、攻めるヘンドリックス、耐えるストーリーという展開で試合が終了。ジャッジの裁定は、3者とも 29-28でストーリーを支持し、勝者は「接戦だった。ボディへの打撃が効果があった。テイクダウンに至らない仕掛けは、効果的じゃない」と語った。