「本命の彼女に読んでほしい雑誌No.1!」を謳う『CLASSY.』(光文社/730円)。2011年からその表紙を人気モデル小泉里子が飾ることになった。髪の長いイメージのある彼女だが、ばっさりとショートボブにカットしやわらかなパーマヘアで、はつらつとした笑顔を見せている。道端ジェシカが表紙モデルを務めた2010年に比べ、ぐっと大人っぽくなった印象だ。

 巻頭特集は"誰からも大切にされるスタイリングがさらに進化 「キレイめ」新時代がやってきた!"。表紙モデルの変更に伴い、雑誌の中身も少し大人っぽく変化しているような印象を受ける。

 ちなみに今までの『CLASSY.』表紙モデルは、青山恭子、田波涼子、相沢紗世、道端ジェシカらが担当。そもそも『CLASSY.』は『JJ』のお姉さん雑誌という位置づけのため、『JJ』出身モデルが『CLASSY.』の表紙モデルを務めることが多かった。

 小泉里子は『CamCam』『Oggi(2004〜2007年)』の専属モデルを経て、現在に至る。ずっと小学館の女性ファッション誌のモデルとして活躍していた彼女が、今回『CLASSY.』の表紙を飾ることになる。20代後半の女性からの支持が特に厚く、最近では「週末のシンデレラ 世界!弾丸トラベラー」(日本テレビ)に何度も出演するなど、ますます人気を集めているようだ。また、平子理沙らと共にカネボウ化粧品「COFFRET D'OR」のCMモデルにも起用されている。



『『CLASSY.』2011年の表紙モデルは小泉里子』
 著者:
 出版社:光文社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
好きな女の子に振られたら何をする?〜『怪物狩り』(2010年11月25日05:55)
“合コンの幹事”は億万長者になれる?〜『プラットフォーム戦略』(2010年11月24日09:22)
『100万部を突破した『体脂肪計タニタの社員食堂』第2弾が発売』(2010年11月23日05:59)


■配信元
WEB本の雑誌