真冬の桜並木!? 幻想的なXmasイルミが、目黒川沿道に初登場。2010年Xmasを彩る人気スポットとなりそうだ

写真拡大

12月3日(金)、桜並木で有名な目黒川沿道と五反田ふれあい水辺広場(東京・品川区)にて、ピンクのLEDを約15万6000球使用したイルミネーション「目黒川みんなのイルミネーション2010」の点灯式が開催された。今回、初めて「冬の桜」をイメージしたクリスマスイルミが登場したとあって、来場者は大喜び! 幻想的な同スポットは新名所として今季注目を集めそうだ。

【写真】桜をイメージした超幻想的なイルミ

冬なのに、まるで本物の桜並木のような光景が広がった同スポット。点灯直後には、集まった来場者たちから「おぉ〜!」と大歓声が上がり、幻想的なこの光景に多くの人が酔いしれていた。

実は、この品川区の大崎エリアは、テクノスクエア構想(大崎駅周辺地区市街地整備構想)というコンセプトのもと再開発が進んでおり、現在、多くのハイテク機器関連企業が集結する場所。同時に多くの住宅も供給され、たくさんの家族が移り住むなど、東京副都心計画の一端を担う街として進化をし続けている。

そんな中、“この街で育つ子供たちに新たなふるさとへの「愛着」と「誇り」を持ってもらいたい”との目的で発足したのが、同イルミプロジェクト。2010年7月に誕生した「五反田ふれあい水辺広場」を基点に、ECO性やハイテク技術、桜並木など地域特性を取り入れた“同エリアならでは”のクリスマス・イルミネーションが展開されることとなった。

ちなみに、本日開始された「桜並木のイルミネーション」はこのプロジェクトの第1弾。12月17日(金)からは第2弾として、「子供たちの夢ツリー」と題され、地元の子供たちによって作られた“ペットボトル約1300本使用”の全高約6mの巨大ツリーが点灯を開始する。

点灯式では、多くの人が感嘆した「目黒川みんなのイルミネーション2010」。12月26日(日)までの点灯となっているので、今季注目のイルミスポットとしてさっそく訪れてみてはいかが? 【東京ウォーカー】

■正式名称 :「目黒川みんなのイルミネーション2010」/■会場(住所) :品川区立五反田ふれあい水辺広場(東京都品川区東五反田2-9)、及び目黒川沿道/■点灯期間 :1.イルミネーション点灯期間/2010年12月3日(金)〜12月26日(日)2.「大崎みんなの夢ツリー」点灯期間/2010年12月17日(金)〜12月26日(日)