ビジネス成功の秘訣は“アホ”

写真拡大

 ビジネスパーソンとして成功するためには、プレーヤー(個人)として仕事ができるだけではいけません。特に企業に属する人なら、組織として最大限のパフォーマンスを出すためには、チームをまとめる力、つまりマネジメント力が必要となってくるからです。

 このように、ビジネスの世界で成功するためにはいくつもの力を複合的に使っていかなければならず、ものすごく難しいことのようにも思えますが、ビジネスパーソンとして成功要素をマンガで紹介している『よーし!やる三 〜成長日記〜 ―仕事が好きになるマンガのビジネス書』(出路雅明・ヒューマンフォーラムおてっ隊/著、GEN/イラスト、現代書林/刊)によると、その秘訣はカンタン、“アホになる”ことなのだそうです。

 実際、著者の出路さんが経営するヒューマンフォーラムには「明るく、元気に、ちょっとアホ」という経営理念があります。

 もちろんただのアホではありません。この本でいう“アホ”とは、一言でいうと“正直で素直であること”です。
 正直で素直になることの効果は計りしれません。
 まず、人に対して見栄を張らなくなり、ありのままの自分をさらけ出せるようなります。
 自分をさらけ出せるようになれば、わからないことは遠慮なく人に聞けますし、いいと持ったやり方をプライドに邪魔されることなくマネできるのです。
 こうなればもう恐い者ナシですね。
 
 プライドが邪魔していてできないことって、案外たくさんあるものです。
 本書を読んでビジネスパーソンとして一皮剥けてみませんか?
 
 なお、『よーし!やる三 〜成長日記〜 ―仕事が好きになるマンガのビジネス書』は動画版がYou Tubeで配信中!
 こちらもチェックしてみてください。

『よーし!やる三 〜成長日記〜 』―第1話「店長なんて大キライ」前編
『よーし!やる三 〜成長日記〜 』―第1話「店長なんて大キライ」後編

 (新刊JP編集部/山田洋介)


【関連記事】 元記事はこちら
コミュニケーションの悩みを解決する“話の聴き方”
会話の間が持たない人のための3つの方法
読んでいるだけで論理力が養われる少年漫画
出稼ぎに行ってしまった年収29万円の貧乏社長の“その後”

【新刊JP注目コンテンツ】
新刊JP FEATURING 『岩波国語辞典第七版』特集ページ
新刊JP就職活動特集!