10月末、K-1イベントプロデューサー・谷川貞治氏は、自身のツイッター上で、「なぜかホリエモンとイッキなう。年末のダイナマイト出場を快諾! 参戦決定!」と呟き、ホリエモンこと堀江貴文氏の大晦日格闘技イベント参戦を発表した。

その後もツイッターを介してファンから、「大晦日にホリエモンさんがリングに上がるのは、間違いないですか?」と訊かれれば、「たぶん」と返し、「ホリエモンの相手は決まってますかー?日本人??」という問いには、「たぶんマイティモー」と返答する谷川氏。冗談と分かってはいながらも、テレビ視聴率のためなら“なんでもあり”状態になっている大晦日格闘技イベントにおいて、一ヶ月以上も話題を引き延ばしたことから、横目で経過を追うファンもいたことだろう。

今月に入って堀江氏自ら「そもそも出る予定なかったから!!」「いや、、、だから死にますから。マジで。。。」と改めて否定をしても、谷川氏は、「えっ、あれはただの酒の席の話?でも、パンチ力ありますよ、モーみたいに」「いやいや燃えてました」と食い下がるなど、大晦日Dynamite!!の対戦カードが一向に出揃わない現状もあってか、自ら話題を振りまき続けるのだった。


■関連リンク
サップ、クルトのヒザ一発でお決まりの戦意喪失
K-1甲子園は波乱の連続、晴山翔栄が頂点に立つ
72.5キロのキシェンコ強し、エーベリを圧倒