【懐かしいゲーム特集】「デジタルデビル物語女神転生」(ファミコン版)

写真拡大

あなたと合体したい!(画像:amazon.co.jp)

「デジタルデビル物語女神転生」(以降「女神転生」と略します)は1987年に株式会社ナムコからファミリーコンピュータ版としてリリースされたRPGです。

女神転生」は、パーティー制、3D画面、アニメーション等の1987年当時としては画期的な内容でしたが、一番特徴的なシステムは「交渉」と「悪魔合体」ではないでしょうか。

「交渉」とは敵モンスターの中にも味方になるキャラクターがいますので、話し合いやプレゼント等で味方に引き入れることが出来るシステムです(おそらくファミコン初のシステムだったのではないかと思われます)。また、味方にした「仲魔」同士を合体させて別のキャラクターを生み出すことが出来ました。

特に「悪魔合体」システムで面白いのは如何に強力なキャラクターを作り出すかを考えて敵モンスターを仲間にするという交渉システムが連動している点です。これにより「ノーム狩り」等の手法が流行しました。

それ以外でも独特の世界観が評判を呼び「ドラクエ」「ファイナルファンタジー」等と並ぶ超人気のRPGシリーズになりました。「悪魔合体」の魅力に取りつかれたプレイヤー続出の「女神転生」、一度はプレイすることをおススメいたします。


©NAMCO 1987
▼外部リンク

デジタルデビル物語女神転生

■関連記事
NHKの人気お天気キャラクター「春ちゃん」がねんどろいどに!
セイバーリリィがボークスから!
【懐かしいゲーム特集】エレメカの歴史第24回「ラブテスター(復刻版)」(幻のゲームを追え!その13)
【懐かしいゲーム特集】「ベストプレープロ野球」(ファミコン版)
AKB48に完全密着したドキュメンタリー劇場作品『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』