第15回スニーカー大賞受賞作「ヒマツリ」が好評!

写真拡大

(画像:Amazon.com)
迷の美人お姉さんがいたりするらしい。角川より2010年12月1日に発売されたライトノベル「ヒマツリ」が、ネット上で好評な模様。
 
同作品は、春日部タケル氏のライトノベルで、第15回スニーカー大賞”ザ・スニーカー賞”受賞作品。

感想・レビューブログなどによると、バトルは盛り上がり、キャラは立ち、話の外れない王道ストーリーで最初から最後まで楽しめる、友情物語あり、迷の美人お姉さんがいたりするなど、評価はどれも「面白い」。

なお、ライトノベル「ヒマツリ」の価格は620円(税込)。
 
あらすじドジッ娘属性の花村祭は、消えた同級生を捜しに街に出る。しかし、突然の怪異に襲われる。

絶体絶命のなかサンジュに宿る大妖怪が、祭を覚醒に導く。

Copyright All rights reserved. KADOKAWA GROUP PUBLISHING CO.,LTD.

▼外部リンク
ヒマツリ
ヒマツリ ガール・ミーツ・火猿 (角川スニーカー文庫)


■関連記事
「劇場版ガンダムOO」BD&DVDが25日に発売!
フィギュア「アルター 木下秀吉」が今月発売!
グッドスマイルカンパニー「ねんどろいど 木下秀吉」が11年4月に発売!
PS3「魔界戦記ディスガイア4」オープニングムービーが公開!
PSP「ペルソナ2罪」がPSPリメイクで3月発売!