【懐かしいゲーム特集】「ベストプレープロ野球」(ファミコン版)

写真拡大

野球というより環境ゲーム?(画像:amazon.co.jp)

「ベストプレープロ野球」は1988年に株式会社アスキーからリリースされた野球シミュレーションゲームです。元々は「ベストナインプロ野球」という原作ゲームがあり1985年にFM-7というパソコン版がリリースされておりまして、そのファミリーコンピュータ用への移植作となります。

「ベストプレープロ野球」ではプレイヤーは選手を直接操作出来ません。ではどのようにゲームを進めるのかと言えば、野球監督として選手にサインを出して遠隔操作をすることになります。また何もサインを出さなくても自動的にゲームは進行していきます。そういう意味では、ぼんやりと眺めている状態でもゲームが楽しめるいわば環境ゲームみたいな楽しみ方も出来ます。

もう一つ面白い特徴としては、野球チームの各選手の能力等が自由にエディット出来る点です。これにより例えば2010年のプロ野球のデータを入力すれば2010年版のデータとしてそのまま遊べてしまいます。即ち、半永久的に最新のデータを更新しながらプレイ可能なのです(バッテリーバックアップ等の電池が持てばの話ですけど)。

今年のリアルプロ野球は終わりましたが我々のペナントレースは「ベストプレープロ野球」でまだまだ続きます!


(C)株式会社アスキー 1988
▼外部リンク
ベストプレープロ野球

■関連記事
AKB48に完全密着したドキュメンタリー劇場作品『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』
バンプレスト『けいおん!フィギュア〜メイド服ver.3〜』平沢 唯・中野 梓
アニメ『ゼーガペイン』アニマックスにて再放送
『Bluetooth搭載 SoftBank SELECTIONモバイルキーボード』(SB-KB02-CPKB/BT)
アマガミ声優・新谷良子さんのい絶対領域が激写される