AKB48に完全密着したドキュメンタリー劇場作品『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』

写真拡大


グループ名が2010年新語・流行語大賞のトップ10入りも果たした『AKB48』。今年は他の追随を許さないほどの人気と盛り上がりを見せてくれましたが、来年は現在だけでなく未来までをも追いかけた作品が公開されるようです。


2011年1月22日(土)より、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開となる『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』(配給:東宝映像事業部)は、誰もみたことがないAKB48、ついに解禁。初のドキュメンタリー劇場公開作品です。


同作品では超多忙を極めた2010年・AKB48の全活動に密着。メンバーの喜び、葛藤、成長、夢などを収めたテープの数は1,000本は下らないとか。AKB48発足当初は観客がたったの7人という状態からスタート。当時、隆盛を極めた群ドルとの比較や揶揄などを乗り越え、今ではシングル100万枚は当たり前の人気アイドルグループへと成長を遂げる中で、喜びもあれば涙あり。


彼女たちに密着したカメラが見たその光景とは、憧れのAKB48に加入出来たかと思えば総選挙をはじめとした生存競争に呆然とする新入生。隅っこではあるものの、雑誌に自分の顔が掲載されたことに喜びを表すメンバー。立ち位置が30センチ下がったことに悔し涙を流す者などなど、表舞台では決して見せない素顔を垣間見ることができるドキュメンタリーならではの質感もみどころになりそうです。


2010年のAKB48を顧みる上で欠かせないイベントとなった横浜アリーナ、代々木第一体育館でのコンサートをはじめ、シングル選抜総選挙、シングル選抜じゃんけん大会、そして海外での公演などすべてに密着した集大成となるか、AKB48 の“現在と未来”、あなたもその目撃者となる!

(C)「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会


▼外部リンク

公式サイト AKB48ドキュメンタリー映画 「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued」


■関連記事
アマガミ声優・新谷良子さんのい絶対領域が激写される
PSP『モンスターハンターポータブル 3rd』価格高騰
エースコック『タテロング 渾身の飲み干す一杯 辛味噌ラーメン』
コトブキヤ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 葛城ミサト』
声優・平野綾さんTwitterにて初フォローする