日本初SIMフリーAndroidタブレット『Camangi FM600』の販売代理店と日本通信が提携へ

写真拡大




日本通信と日本初SIMフリーAndroidタブレット『Camangi FM600』の販売代理店オフィスサンサーラが代理店契約を締結しました。日本のSIMフリー化を推進する日本通信と、カマンジ社のSIMフリー端末販売を手がけるオフィスサンサーラの提携により、また新たにSIMフリー化への道が開かれたという印象です。

『Camangi FM600』はカマンジ社が2010年11月に発表した新製品。3Gモジュールを内蔵しており、日本通信、docomo、ソフトバンクモバイル、IIJなどの各社提供のSIMを利用可能なSIMフリーAndroidタブレットです。同製品の販売代理店であるオフィスサンサーラは、今回の提携により『Camangi FM600』をはじめとしたSIMフリー製品、同社が持つ法人向けシステムソリューション、日本通信のSIMを組み合わせたトータルシステムの提供を可能にしました。

日本通信はSIMフリー版『iPhone/iPad』を日本国内で利用可能にするなど、SIMフリー化により国内外の製品を日本国内に流通させる道を切り開いてきました。今後も、SIMフリー化を推進することに、メーカー各社が製品力で勝負できる市場を実現し、ユーザの選択肢を広めることを目指していくようです。“ガラケー”的な日本の携帯端末事情も、そろそろSIMフリーの流れにのまれていくのでしょうか?
 
 

■関連記事
日本初3Gモジュールを内蔵 SIMフリーの7インチAndroidタブレット『Camangi FM600』発売へ
12月10日発売のシャープの電子書籍端末『GALAPAGOS(ガラパゴス)』はAndroid端末ではない?
NECビッグローブが7インチAndroidタブレット『Smartia』を12月6日に発売へ
ドコモのAndroid 2.2搭載7インチタブレット『GALAXY Tab』は11月26日に発売
ドコモの3Dディスプレー搭載Androidスマートフォン『LYNX 3D SH-03C』は12月3日に発売へ