癒し系ブラウザゲーム『みんなで牧場物語』体験記Vol.2

写真拡大

『みんなで牧場物語』とは、マーベラスエンターテイメントから提供されている、牧場を作るブラウザゲームだ。この体験記では、記者のキャラクターである「畠荒らし」の牧場が育って行くさまをお伝えしよう。

その後も牧場を繁栄させるためのクエストを続けて行くと、なぜかニワトリが大量に増えて行った。まるでケン●ッキー指定チキン牧場のようだ。他の人はどんな牧場なんだろうと、他の牧場へ足を運んでみるとまさに十人十色。

木をほとんど切り倒し、平原状態にして羊やニワトリ、犬を放牧し、高原の牧場のような雰囲気にしている人、りんごやオレンジの木をたくさん植え、ナス畑を森の一部だけ開墾し作っている人など、自分の好みによって様々な色に牧場を染められるのが楽しいのだろう。

私はまだあまりお金が無いので、今は安いニワトリとブルーベリー、キウイの木からの収入を得ている零細牧場だ。クエストをたくさんこなすと、人気のアルパカや桃、コスモスなどの花も育てられるようになるらしい。牧場の成長を支援してくれるクエストも豊富にあるので、ゆっくりと続けて行こうと思う。

写真:『みんなで牧場物語』

このニュースの元記事を読む

■関連記事