【懐かしいゲーム特集】「フリートコマンダー」(ファミコン版)

写真拡大

敬礼!(画像:amazon.co.jp)

「フリートコマンダー」は1988年に株式会社アスキーからリリースされた海戦シミュレーションゲームです。元々は「PC-8001」というパソコンゲームだったらしいです。そのため1988年当時からいささかレトロな雰囲気を醸し出しています。

ゲームは2つの国のどちらかを操作し、戦艦や戦闘機等を使用して敵国を降伏させることが目的となります。

この敵の思考ルーチンが非常に読みにくいです(思考ルーチンというより乱数要素が強いためのようです)。そのためプレイヤーが想定していない作戦を敵国が用いることが多かったです。なお、戦艦が沈没したら「敬礼!」をして追悼するのが礼儀です。これは敵国に対しても同様でそれが世界の海軍共通の礼儀であるのです。

※ファミコン版「フリートコマンダー」のすごいところは戦艦のプラモデルがおまけで付いていたことです。もし「フリートコマンダー」プラモデル付き新品を見かけたら是非とも即購入することをおススメいたします!


(C)株式会社アスキー 1988
▼外部リンク
フリートコマンダー

■関連記事
【懐かしいゲーム特集】「ファイナルファンタジー」(ファミコン版)
PSP『モンスターハンターポータブル 3rd』偽パッチによるデスクトップ鑑賞会
【mixi】 メールアドレスで人探しが可能に
2010年 JOYSOUND年間ランキング『残酷な天使のテーゼ』が2冠
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦