彼と復縁するための3つの方法

写真拡大

 大好きだった恋人にふられてしまったら、誰だって未練が残り、もう一度自分の方を振り向いてほしいと願うものです。
 しかし、一度別れた相手とヨリを戻すというのは困難が伴います。何せ別れた理由が何であれ、相手はあなたのことを一度は拒絶したわけですから。
 ただ、『彼と復縁したい貴女へ』(織田隼人/著、あさ出版/刊)によると、恋人と復縁する場合は男性より女性の方が成功しやすいそうです。

 そこで今回は、彼氏とヨリを戻したい女性のための復縁のコツを紹介します。

■彼に連絡するのをやめる
 彼と復縁するために、まずは半年間、彼に一切接触しないようにしなければなりません。
 メール、電話はもちろん、SNSなどでの接触もやめておきましょう。
 もちろんこれには理由があります。
 別れた直後の彼は、あなたに対しての気持ちが冷めている状態です。そんな状態の時にアプローチをかけても逆効果。しかし半年経つと、あなたに抱いていた悪いイメージはかなり薄らいでいるはず。男性は時間が経つと共に、記憶が美化しやすい生き物なのです。

■男が好きな「チラリズム」を利用する
 女性が好きなのは“おまけ”、男性が好きなのは“袋とじ”と言われるように、男性は「見えそうで見えないもの」が大好きです。これは恋愛に対しても同じで、相手の全てを見てしまったと思ったら、男性は飽き始めるのです。
 つまり、彼と復縁しようと思ったら、彼がまだ見ていない一面があることを印象付ければいいということになります。
 “もう彼には全部を見せてしまった”というあなたも落ち込む必要はありません。彼と接触していない半年間の間に、彼に見せていない、新しいあなたを作ればいいのです。
 その場合、まず有効なのはファッションをガラッと変えること。また資格の勉強を始めたり、新しいことにチャレンジすることなど、内面も外見も変えていきましょう。こういったことを積み重ねることで半年後に彼と話した時に、あなたの会話の内容は変わっているはずで、彼はそんなあなたに新鮮な印象を持ち、あなたのことをもっと知りたいと思うはずです。

■復縁へのアプローチ、有効な方法
 さて、長かった半年が過ぎて、彼に再びメールをする時、どんな文面にするかは悩むはずです。この半年間の自分の外見や内面の変化をアピールしたい気持ちもあるでしょう。しかし最初のメールは「久しぶり、元気にしてた?」くらいの軽いもの、短いものにしましょう。大事なのは「別れてからウジウジしてないよ」ということが彼に伝わり、彼が返事をしたくなるものであることです。
 この時気をつけなければいけないのは、あなたが復縁を望んでいることが彼にバレないようにすること。あまりしつこくはせずに、少しずつメールを盛り上げていきましょう。

 今回紹介したものは『彼と復縁したい貴女へ』に掲載されている内容のごく一部です。
どうしても彼と元サヤに収まりたい、でもどうしたらいいかわからない、という人は参考にしてみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部/山田洋介)


【関連記事】 元記事はこちら
悲惨すぎる婚活の結末
合コンで嫌われる“名言”
危険な恋を成就させるためのマナー

【新刊JP注目コンテンツ】
片づけ時に誰もがつまずく3つのポイント(新刊ラジオ 第1283回)
新刊JP特集 村上龍『逃げる中高年、欲望のない若者たち』