新名所・「グランスタ ダイニング」では、寝台特急カシオペア号のメニュー担当・五十嵐氏が監修するオムレツを使った豪華な朝食「食堂長のおすすめモーニング」(600円)が堪能できる

写真拡大

増床した「銀座三越」や羽田の新ターミナルビルなど、話題の施設が続出した秋に続き、東京には12月もブームを生みそうな新名所が数多く待機中だ。進化を続けるターミナル・東京駅エキナカには「グランスタ ダイニング」が、原宿にはあの“ニコ動”の本社が誕生予定なのだ。他にも注目度の高い施設やイベントが登場するので、早速チェックして遊びに行ってみよう!

【写真】豪華な朝食を味わえる話題の新名所「グランスタ ダイニング」!

■12月4日(土) 東京駅に誕生!「グランスタ ダイニング」(レストラン街)

「グランスタ ダイニング」は、東京駅にオープンする新しいグルメ街。ここの注目は、新業態や駅ナカ初進出の6店から登場する、お手ごろ価格の“本格モーニング”だ。特に、人気寿司店「築地寿司清」で展開する、鯛の刺身とダシ茶漬けのセット「鯛のダシがけ」は、豪華なのに650円と本当にお手ごろな価格。「日本食堂」でも、寝台特急カシオペア号のメニュー担当・五十嵐氏が監修するオムレツを使った豪華な洋食「食堂長のおすすめモーニング」が600円で堪能できるとあって、“エキナカ朝食族”が増殖するのでは? とみられている。“日本の台所”をコンセプトに、人気スイーツ店なども合わせ計16の飲食店が集結するので、グルメさんは絶対に見逃せないスポットなのだ。

■12月 原宿にオープン予定!「ニコニコ本社」(スタジオ・ショップ・カフェ)

ニワンゴが運営する投稿動画配信サービス“ニコ動”こと「ニコニコ動画」からは、なんと本社(東京・渋谷区)が誕生! ここは、同社の社員でなくても、気軽に訪れることができるのがポイントだ。地下1階から地上3階までのビルには、ニコ動のゆるキャラグッズなどを販売するショップや、スタジオがIN。2階のカフェには、上質な紅茶が飲める本格的なカフェもオープン予定なので、デートにも使えるのだ。

■12月10日(金) 秋葉原〜御徒町に誕生!「2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケーゴーヨンマル アキ オカ アルチザン)」(アトリエショップなど)

JR高架下に誕生する同スポットは、分かりやすく言えば“クリエーターの街”。ここには、気鋭のクリエーターのアトリエショップ32店舗が集う。併設する工房でキュートな革小物を作る「inoui(イヌイ)」ほか、キャラクターと飲食店がコラボした和風バール「遊食家Boo×UAMOU」も注目店。“モノづくり”の新拠点に、個性派が殺到しそうだ。

■12月7日(火)〜11年2月20日(日) 日比谷に登場!「日比谷公園ダ・ヴィンチミュージアム」(アートイベント)

3Dやスマホなど、デジブームにのった“バーチャルアート”のイベントも登場。日比谷公園内に特設された巨大な会場にて、天才芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチの期間限定ミュージアムが開催されるのだ。ここでは、モナ・リザを2億4000万画素の特殊なカメラで撮影して解析し、500年前のモナ・リザをリアルに再現した“高画質絵画”が見られたり、高傑作の壁画「最後の晩餐」が、8.8mの実物大で見られたりと、レアな体験ができるのが特徴。すでに開催されたイタリア・ローマなどでは、話題を呼んだ特別展なので、ぜひ足を運んでみたい。

新たなブームが生まれること必至の冬の東京新名所。続々と誕生するので、順番に巡ってみては? 【詳細は11月30日(火)発売号の東京ウォーカーに掲載】

■「グランスタ ダイニング」TEL 03・5299・2211(代)

■「ニコニコ本社」TEL 03・3796・2525

■「2k540 AKI-OKA ARTISAN」TEL 03・6806・0254(代)

■「日比谷公園ダ・ヴィンチミュージアム」TEL 03・5777・8600

【関連記事】
鉄道ファン垂涎! 本日開業「アトレ秋葉原1」の見どころはココだ (東京ウォーカー)
グルメに芝居! 日本橋の新名所コレド&ユイトの見どころとは? (東京ウォーカー)
一日中遊べる! “テーマパーク・羽田空港”の7つの魅力 (東京ウォーカー)
グルメ、ファッション… 今押さえたい“東京新名所” (東京ウォーカー)
セレクトショップに水着店… この夏成田空港が“デパート化”する! (東京ウォーカー)