ついに500mの大台に到達した東京スカイツリー/写真提供:東武ホテルレバント東京

写真拡大

東京スカイツリーが、ついに12月1日の、9時58分に500メートルに到達。2012年の開業を前に、また一歩前進した。

【写真】最新のスカイツリー!てっぺんから見るとこんな感じ

最終的には634メートルとなるスカイツリー。今朝、デジタル放送用アンテナ等が取り付けられるゲイン塔と、ゲイン塔の揺れを抑える制振機械室がドッキングし、500メートルに到達した。ことし7月30日に400メートルになってから、約4か月で100 メートルのびたという計算になる。

今後はさらに、ゲイン塔をリフトアップさせ、2011年春には634メートル到達、12月に完成を迎え、2012年春の開業に向けて工事が進んでいく予定だ。

まわりには大型商業施設や駅の開発も進み、周辺地域が大きく盛り上がる東京スカイツリー。さらに高くそびえる東京の新しいランドマークが、ますます注目を集めそうだ。 【東京ウォーカー】

【関連記事】
東京スカイツリー関連玩具、いち早く登場したのは超ビッグな貯金箱 (東京ウォーカー(全国版))
東京スカイツリー「ソラカラちゃん」と地元キャラ「おしなりくん」が意気投合! (東京ウォーカー)
制作費2億円!“ミニスカイツリー設置”で「東武ワールドスクウェア」の集客が倍近くに (東京ウォーカー)
スカイツリーが初のライトアップ!試験点灯に見物人からため息も (東京ウォーカー)
東京スカイツリー、ついに“400m台”の大台に突入へ! (東京ウォーカー)