自民党の丸川珠代参議院議員が、11月30日発売の『JW(ジュディシャル・ワールド)No.6』(リーダーズノート)で表紙、巻頭グラビアを飾っている。同誌は「日本で初めての司法エンターテインメント誌」というコンセプトの下、2008年に創刊された司法専門誌。

 ノースリーブの華やかなミニのワンピースで、モデル顔負けの笑顔を振りまいている彼女。丸川議員といえば、「やじ」というイメージも強くなっているが、そこはさすが元アナウンサー。最近ではあまり見られない、女性らしい雰囲気もなかなかのもの。

 『JW』の表紙に今まで登場したのは、田原総一朗氏、舛添要一議員、東国原英男・宮崎県知事など男性ばかり。初の女性モデル起用となった今号では、紙面サイズもA5判へと変更。ファッショナブルな印象をより強く打ち出し、司法の世界を身近に感じさせる。

 議員のグラビアといえば、ファッション誌『VOGUE NIPPON』に掲載された、連舫・行政担当刷新大臣の国会内撮影騒動が記憶に新しい。まさか、それに対抗してというわけではないだろうが、「先生」方のこのような議院外活動は、今後も盛んになっていくのかもしれない。




『JW No.6』
 著者:
 出版社:リーダーズノート
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
好きな女の子に振られたら何をする?〜『怪物狩り』(2010年11月25日05:55)
“合コンの幹事”は億万長者になれる?〜『プラットフォーム戦略』(2010年11月24日09:22)
『100万部を突破した『体脂肪計タニタの社員食堂』第2弾が発売』(2010年11月23日05:59)


■配信元
WEB本の雑誌