昨日お伝えしたグーグルによるGroupon買収ですが、今日、もともとこのネタを最初にリポートしたウォールストリート・ジャーナルのブログ、『オール・シングス・デジタル』にも負けじとばかり記事が出ていました。

そのウォールストリート・ジャーナル・ブログの記事ではグーグルがGrouponに提示した価格は53億ドル+アーン・アウトの7億ドル、合計60億ドルなのだそうです。

ずいぶん話が違うじゃない?

『ベーター』の話では買収価格は25億ドルでした。

2008年に創業されたばかりで、今年の夏頃は「妥当価値は10億ドル程度だ」と言われていたGrouponですが、あれよあれよという間にどんどん拡散、それにつれて企業価値も大膨張を遂げました。
続きを読む

■最新記事
原油安にめげたプーチン首相が「登校拒否」 ウィキリークスでロシア首相の怠け癖が暴露された
欧州中央銀行(ECB)のバズーカ砲は不発に終わる
ペプシコがロシアのウインビルダンを買収
「私がいま一縷の望みを託しているのは市場のちからがユーロをぶち壊してくれることだけです」
ゴールドマン(六本木ヒルズ1200個分)サックスが米国経済に強気転換