「家族のコミュニケーションが増えるのでは」 藤岡弘、さんが自身でセリフを再録したポータブルナビ『ヒーロー・ナビ 仮面ライダー』をアピール

写真拡大




かものはしやは、2011年に放送開始から40周年を迎える『仮面ライダー』をテーマにしたポータブルナビ製品『ヒーロー・ナビ 仮面ライダー』を発売しました。11月26日には東京・秋葉原のAKIBA3021で発表会を開催。主人公・本郷猛のセリフをこの製品のために再録した“藤岡弘、”さんも登場し、製品をアピールしました。


ライダーベルト型のケースにタッチパネルを搭載
『ヒーロー・ナビ 仮面ライダー』は、仮面ライダー1号が装着するライダーベルト型の本体にタッチパネルディスプレーを搭載し、車載スタンドに設置したり持ち歩いて使えるポータブルナビ。音声案内に藤岡弘さんによる仮面ライダー1号の“つぶやき”が再生され、ユーザーが仮面ライダーになった気分で移動に利用できるのが特徴です。

ナビ画面には仮面ライダー1号のアイコンを表示
目的地に到着すると怪人と戦うムービーを再生
ナビ画面など各所に仮面ライダー1号のアイコンが表示され、セリフのほかにも映像、効果音が使用されています。『ストーリーモード』を選択すると、目的地まで怪人を追うという設定で走行がスタート。一定速度で本郷猛から仮面ライダー1号に変身し、目的地で怪人と戦うムービーが再生されます。収録する怪人は7人。ある法則に従って怪人を集めていき、7人すべてコンプリートすると、スペシャルムービーが見られるとのこと。

発表会に登場した藤岡弘、さん
発表会にゲストとして登場した藤岡弘、さんは収録を振り返り「こんなに集中したのは45年の芸能生活でも初めて。自分はこうしゃべってたんだと思い出して楽しかった」とコメント。さらに「“仮面ライダー”は僕の中では今でも青春です」と語り、「事故や、忘れることができない苦難の時もあった。親父さん(故・小林昭二氏が演じた立花藤兵衛)は鬼籍に入られたが、あの世から見ているんじゃないか」と、製品の発売に感慨深い様子。

「家族の絆(きずな)が大切」と藤岡さん
持ち運べるポータブルナビという製品形態については、「探検隊でも使えるんじゃないか」と、冗談めかして話す場面もありましたが、ユーザーとなる父親が『仮面ライダー』を思い出し、その子どもがヒーローに興味を持つことで「家族のコミュニケーションが増えるのでは」と期待しているとのこと。「僕と一緒に旅をしてもいいし、車から外して一緒に歩いてもいい。今回のアイデアはすごいと思ったんですよ」と、ヒーローを介して親子の絆(きずな)を深める役割をアピールしていました。

『ヒーロー・ナビ 仮面ライダー』は11月27日に発売、価格は4万1790円(税込み)です。ちなみに藤岡さんは“藤岡弘、”までが芸名です。

『ヒーロー・ナビ 仮面ライダー』主な仕様
CPU:SAMSUNG S3C2416 processor 400MHz
OS:Windows CE 5.0 Core
内蔵メモリー:4GB
外部メモリー:microSDカード
マップデータ:全国版2010年マップデータ(住友電気工業製)
マップ縮尺:25/50/100/200/500/1k/2k/5k/8k/10k/25k/50k/100km
ディスプレー:3.5インチ TFT液晶 320×240ドット 6万5000色 タッチスクリーン方式
音声案内:内蔵スピーカー
その他機能:動画再生、音楽再生、写真再生
充電池:リチウムイオン充電池内蔵
使用時間:最大2時間(内蔵充電池使用時)
本体サイズ:W96×D16×H72mm
本体重量:125g
ケースサイズ:W173×D53×H105mm
ケース重量:120g
付属品:タイフーン型ケース、車載スタンド、ホールド用台座、スタンドカップ、シガーケーブル、USBケーブル、ACアダプター、スタイラスペン、取り扱い説明書、保証書

■関連記事
世界初!『仮面ライダー』公式『iPhone/iPod touch』アプリ『仮面ライダー1号変身ベルト』登場
【東京おもちゃショー2010】ノートPCが仮面ライダーや戦闘員に変身! ノートPCケース『ガジェットヒーロー』
『仮面ライダー剣』『電王』『ディケイド』モンスター生みの親! 韮沢靖が描く“悪のヒーロー”で個展開催中【延長】
仮面ライダーのクリーチャー達を産み出した「世界の韮沢」のライブドローイングイベントが開催される
マジックだけで何でも描く“阿佐ヶ谷の韮ドン”は“世界の韮沢”