毎年恒例『ネット今年の漢字2010』の投票スタート! 今年は無料事典サイト『kotobank』さんが参加です

写真拡大

毎年恒例『ネット今年の漢字2010』。今年も投票の季節がやってまいりました。普段は季節感などほとんどない編集部の周りの連中も、「お正月休みは南の島に行っちゃうもんね」とか「今年こそクリスマス中止だって……」とかいう話でもちきりです。しかし忘れちゃいけません、ネット今年の漢字。すでにノミネート語は決定し、最終投票がはじまっているんです。

そしてさらに、なんと! 今年から無料事典サイト『kotobank( http://kotobank.jp/ )』さんに参加していただくこととなりました。この『kotobank』というサイトは、朝日新聞、朝日新聞出版、講談社、小学館などの辞書、事典92辞書・66万語から、用語を一度に検索できるサービス。すげぇ。超便利。しかも情報は随時更新。毎月10辞書ぐらいのペースで増えていってるらしい。ブックマーク余裕のサービスです。

投票は『kotobank』さんのサイトの『ネット今年の漢字』の投票所よりお願いします!

ここでちょっと過去の『ネット今年の漢字』の振り返りを。まずは2008年のネット今年の漢字。2年前。入賞したのは「崩」でした。「萌(もえ)」ではありません。「崩」です。全然意味が違うので気をつけてくださいませ。

2008年 「崩」
崩

次に2009年、1年前ですが、入賞したのは「迷」でした。一体なにがあったのでしょうか。昨年のことですが思い出せません。調べてみると、政権交代がおこなわれ、鳩山政権が誕生したのが2009年でした。衆院選のとき、どこへ票を投じるかでみなさんが「迷」った年だったようです。

2009年 「迷」
迷

その年の世相をたった一文字の漢字であらわす「ネット今年の漢字2010」。今年はどの漢字が入賞するのでしょうか。みなさんの投票、お待ちしております! ドキドキ!



■関連記事
『ネット議論2010』が最終投票スタート! 今年はどんなネット議論が盛り上がった?
学校に”踊り場”が必ずあるのは規制のせいだった! ”規制バスター”原英史さんにきく学校の規制たち
シェアな生活】所有と消費が美しい、という時代は終わったのか?――『ブックシェアカフェ』菅谷洋一氏インタビュー(1/4)
第1回:マンガのカタチはこれからどうなる? 紙への希望を失った漫画家『佐藤秀峰』
第2回:「これは、君の本じゃないから」と出版社の人に言われたんです