映画「キス&キル」イベントに東幹久、婚約宣言の夏川純が登場

写真拡大

映画『キス&キル』(12月3日(金)公開)の公開記念イベント試写会が六本木で実施され、同映画の宣伝部長的役割である“トレンディ・キャプテン”を務めた東幹久さんと、結婚宣言後初めてイベントに参加する夏川純さんが登壇し、トークショーを行いました。

イベント開始前に、主演のアシュトン・カッチャーに負けない肉体美を披露した東さん出演のCMが流れると、会場からは笑いがおき、東さんは撮影前に150回腕立て伏せをして体作りをしたエピソードを明かすとともに、「マッチョキャラではないが、いつでも脱げる準備はできています」と語り、さらに会場を沸かせました。

映画からイメージを受けた白いウェディングドレスのような衣装に身を包んだ夏川さんは、映画の感想を聞かれると、「『キス&キル』は彼(婚約者)と2人で観ました。女子が憧れる運命的な出会いと結婚というストーリー展開に、とても感情が入りました」と語っていました。

また映画では夫が妻に元スパイであったことを秘密にしていたという設定であることから、自分が過去に恋人に秘密にしていたことを聞かれ、東さんは「彼女に料理を作ってあげることになり、カレーをリクエストされたが仕事が忙しく作ることができなかったため、近所のカレー屋からテイクアウトし、あたかも自分が作ったようにふるまった」というエピソードを暴露! 「色黒だけど、結構献身的なんですよー」と語り、会場は大きな笑いに包まれました。

映画のように理想の相手を見つけた夏川さんは、「2人でお互いの良いところも悪いところも見て乗り越えられたので、こういう(結婚という)形になった」と語り、東さんから「幸せオーラが出ていて、とてもキラキラしている」と言われると、即座に「結婚ていいですよ、東さん!」とオススメ。東さんは、「じきにいい報告ができるよう頑張ります」と照れ笑いしながらも、幸せオーラに結婚意欲を刺激されたようでした。

イベント最後には、東さんがCMで使用した一輪のバラを、夏川さんは映画をイメージしたブーケを手にし、フォトセッション。その後、東さんはそのバラを会場の女性に手渡しし、夏川さんは結婚式さながらに、場内にブーケトスを行いました。「初めてだったので、とても難しかった」と語ったトスは、美しい弧を描き、見事、一般女性客のもとへ投げられました。

イベント終了後の囲み取材では、東さんが独身貴族代表でイベントに呼ばれたことについて、「まだ結婚しないの?とよく聞かれるが余計なお世話」と笑いながらも、夏川さんの、映画のような“ピピピ”とくる運命的な出会いのエピソードを聞き、「家族には憧れます。体も弱ってくるし、お互い支えあっていけるパートナーの存在は考えたい」と語りました。

夏川さんは、「彼とは友達として出会い、ゆっくりとした“ピピピ”でした」と語り、市原隼人似だという彼を、「私の中では一番かっこいい!」と大ノロケ。
亭主関白で昭和の人のような彼には、「映画のような秘密は絶対ありません!」と自信満々。また、一月に入籍の予定で、挙式は秋頃、ハネムーンの行き先はこれから2人で話し合うと語りました。

「キス&キル」の公開は12月3日。貴方もこの冬一押しの「運命の恋」、見てみたくありませんか?

▼外部リンク

映画「キス&キル」公式サイト

■関連記事
グッドスマイルレーシング『1/8スケール Racingミク 2010 ver.』
YouTube:猫VS猫VS鳥のバトルロワイヤル
goo調べ:『PS3の最新グラフィックで遊びたい初代PSの人気タイトルランキング』
あの娘を自らの手中に『アイドルマスター2 コーディネートセット』
GLAYのHISASHIさん『涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX』を購入。ハルヒの中の人もメッセージ