2010年11月27日(土)、東京・青山にて「国民的"美魔女"コンテスト」が行われ、初代グランプリには41歳の草間淑江さんが選ばれた。東京都出身で身長165センチ、体重47キロ、職業はビューティセラピスト。このコンテストをきっかけに大手芸能プロダクションである「オスカープロモーション」から芸能界デビューすることも決定した。

 "美魔女"とはビューティ誌『美 STORY』(光文社)発の造語で、「(1)年齢という言葉が無意味なほど輝いた容姿、(2)経験を積み重ねて磨かれた内面の美しさ、(3)いつまでも美を追求し続ける好奇心と向上心、(4)美しさが自己満足にならない社交性」を兼ね備えている女性であることを条件としている。

 その中でも、年齢を感じさせない美しさをもつ35歳以上の真の"美魔女"を発掘することを目的としたのが「国民的"美魔女"コンテスト」。最終選考会には総勢2300人の応募者から選ばれた21人のファイナリストが登場。自己紹介に始まり、華やかなドレスでのウォーキング、審査員との質疑応答がなされ、グランプリは公式サイトでの一般投票と、最終選考会での審査員の投票で決定した。

 その他、準グランプリや「おっぱい美魔女賞」「美肌魔女賞」「腸美魔女賞」など各部門賞も選出。審査員には松任谷正隆さん、イネス・リグロンさんらが名を連ねた。

 テレビ番組でも「魔女たちの22時」(日本テレビ)が人気を集めるなど、2010年はとかく"魔女"という言葉をよく耳にした1年。AERA(朝日新聞出版)2010年11月29日号でも「美魔女」が取り上げられ、「現代用語の基礎知識 2011」(自由国民社)にも「美魔女」が収録されている。

 国民的"美魔女"コンテスト オフィシャルサイト 
 http://www.bimajo.jp/index.html







■ 関連記事
“合コンの幹事”は億万長者になれる?〜『プラットフォーム戦略』(2010年11月24日09:22)
『100万部を突破した『体脂肪計タニタの社員食堂』第2弾が発売』(2010年11月23日05:59)
どこまでウソでどこまでがホント? スカイツリーを巡るリアル過ぎる小説〜『634』(2010年11月22日05:55)


■配信元
WEB本の雑誌