11月27日(土)〜29日(月)、「池袋サンシャインシティ」にて開催される「地域力宣言2010 ニッポン全国物産展 in サンシャインシティ」は、全国から集まった銘品がそろう巨大物産展/「菓秀苑 森長」(長崎県)の「とろける生カステラ」(1680円・直径18cm)

写真拡大

B級グルメやスイーツなど、“ご当地モノ”に熱い視線が注がれる中、全国の銘品が一堂に会する物産展が、東京・池袋で11月27日(土)からスタート! おやつの日本一を決めたり、地元の人しか知らない調味料が買えたりと、1日で全国の“うまいもの”を制覇できる、グルメさん必見の物産展なのだ。

大阪代表の堂島スウィーツ」の「幻の丹波栗ロール」(4200円・16cm)は、丹波栗の渋皮煮と甘露煮をふんだんに使用したロールケーキ

11月27日(土)〜29日(月)に、「池袋サンシャインシティ」(東京・池袋)の展示ホールA・Bにて開催される「地域力宣言2010 ニッポン全国物産展 in サンシャインシティ」は、全国から銘品が集う巨大物産展だ。今回の注目はズバリ「おやつランキング」。全国47都道府県から集まったおやつに、来場者が投票し、日本一を決めるという。

エントリー商品も、各地域の“実力者”ばかり。例えば、大阪代表の「堂島スウィーツ」の「幻の丹波栗ロール」(4200円・16cm)は、“堂島プリン”などで有名な同店の最新作で、丹波栗の渋皮煮と甘露煮をふんだんに使用したロールケーキ。また、山形県からは、「秋場ファーマーズグループ」の「どんどん焼き」(280円・1本)が参戦。地元ではポピュラーな山形風お好み焼きで、国産の高級小麦にヤマイモを練りこんだ生地を箸で巻いたシンプルな作りだ。特製ソースで食べると、かなりおいしいとか。

もちろん、「菓秀苑 森長」(長崎県)の「とろける生カステラ」(1680円・直径18cm)や、「IKOYA」(沖縄県)の「黒糖アガラサー」(180円・1個)など、今や知らない人はいないご当地スイーツも続々登場。その舌で、全国のおやつの“味”を確かめて、お気に入りに清き一票を投じてみて!

また、ほかほかご飯やトーストと相性バツグンの新感覚の“調味料”も一堂に集結。鳥取の「ラー油海苔」(500g・180g)や、富山の「ゆず塩ぽん酢」(630円・120ml)など、まだまだ東京では知られていない“逸品”ばかりだ。自分へのおみやげにもぴったりなので、自宅でご当地の味を楽しんでみては?

昨年は、約20万人が来場した人気イベント「地域力宣言2010 ニッポン全国物産展 in サンシャインシティ」は、いよいよ11月27日(土)から。29日(月)までの3日間となるので、気になる人は早めにのぞいてみて。川越達也シェフや、料理愛好家の平野レミさん、料理研究家のコウケンテツさんなの、グルメの賢人たちもゲストで登場する一大イベントに注目したい。 【東京ウォーカー】

【関連記事】
これぞ地元密着のウマさ! 東京の“ご当地メニュー”徹底リサーチ (東京ウォーカー)
まさに“桃源郷”の味!? 魅惑の「桃カレー」を食べてみた! (東京ウォーカー(全国版))
東海北陸自動車道沿線のご当地グルメNo.1が決定! (東海ウォーカー)
バイヤーや添乗員が伝授! 絶品“北海道のご当地グルメ” (北海道ウォーカー)
「白い恋人」の妹分、真っ白なバウムクーヘン「白いバウム」が大人気! (東京ウォーカー(全国版))