毎日コミュニケーションズは電子出版ビジネスに関わる人に向けた情報誌『eBookジャーナル』を11月22日、創刊した。同誌は紙版とPDF形式の電子版の2種類を隔月(奇数月)で発行。創刊時段階で紙版(2100円)は2万部、電子版(1260円)は5000部の売り上げを見込んでいる。

 『eBookジャーナル』のテーマは"電子出版ビジネスを成功に導く総合誌"。電子書籍を"作る"ために必要な情報と、"売る"ために必要な情報の2つを企画の柱に据え、権利や契約まわりの問題や最新の事例なども掲載する。

 記念すべき創刊号の巻頭特集は「どうなる! どうする!? 日本の電子出版」。東京電機大学出版局の植村八潮さんへのインタビューから始まり、電子書籍に関する出版社へのアンケート結果や読者対談、電子書籍リーダーの現状分析まで細かく紹介しており、ぎっしりと今知りたい情報が詰まっている印象。巻末付録には、電子出版対応制作会社リストまでついている。

 創刊記念として、2011年1月4日までに紙版の定期購読を申し込むと、電子版を1年間無料で購読できるキャンペーンも実施中。電子版はiPhone、iPad、スマートフォンなどの端末にも対応している。




『電子出版ビジネス情報誌『eBookジャーナル』が創刊』
 著者:
 出版社:毎日コミュニケーションズ
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『「聖☆おにいさん」最新巻の着せ替えカバー絵をツイッターで募集中』(2010年11月19日15:24)
奇妙な家族のシンプルな愛情〜『at Home』(2010年11月19日05:55)
宝島社「電子書籍に反対」と宣言〜『電子書籍の正体』(2010年11月18日16:32)


■配信元
WEB本の雑誌