2011年度入社の大卒の採用環境は今年に比べて極めて厳しい状況に直面している。リクルートワークス研究所の「大卒求人倍率調査(2011年卒)」によると、全国の民間企業の求人総数(計画)は昨年の72万5000人より14万3000人少ない58万2000人。これを学生の民間企業就職希望者数で除した求人倍率は1.28倍となった。それでも1倍を超えており、憂えるほどではないが、厳しかった前年の1.62倍よりも0.34ポイント低下している。(溝上憲文編集委員)

大手企業の新卒採用は業績回復でも横ばい

 すでに大手企業の大半は採用活動を終えているが、毎日コミュニケーションズ(マイコミ)が調査した7月末時点の大学・大学院生の内々定率は54.5%となっている。昨年の同時期の調査では76.0%であったが、それよりも低くなっている。内定が出ていない学生は秋以降の採用に期待をつなげるしかないが、急速な円高と景気後退の懸念から門戸を閉じる企業も出てくる。

 実際に大手企業の採用活動を取材していると、採用数は業界を問わず昨年に比べて横ばいないしは抑制している企業が多い。たとえば昨年後半から景気回復基調にある化学業界大手でも、数百人規模を採用した09年度をピークに総じて減少し、11年度は100人を切る企業も少なくない。業績好調の携帯電話業界でも採用数は横ばいというところが多い。



新卒採用は抑制、新規ビジネスはキャリア採用で

 今まで...(もっと読む

2010年日本の雇用情勢〜中途採用は増加の兆し、就職氷河期が深刻化
人材採用担当者の2010年の目標は「質の高い採用」と「リーダー育成」
卒業後3年以内の新卒扱い 賛成企業は4割弱

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。