業界最多2万点以上 ドコモのAndroidタブレット『GALAXY Tab』に電子書籍リーダーを標準搭載

写真拡大




イーブック・イニシアティブ ジャパンは、11月26日発売のドコモのAndroidタブレット『GALAXY Tab SC-01C』およびAndroidスマートフォン『GALAXY S SC02B』に電子書籍リーダーを標準搭載します。同社は国内最大級の電子書籍ダウンロード販売サイト『eBookJapan』を運営しており、Android端末向けに漫画を中心とした2万点を超える電子書籍販売を9月8日より開始。現在、国内最大規模のAndroid端末向け電子書籍数となっています。

『eBookJapan』は、現在パソコン向け配信作品数では約4万点を超える、業界最大級の電子書籍ダウンロードサイト。一度購入した作品を別な端末でも読める“ワンソールマルチデバイスサービス”を実現しています。対象端末は、Android端末、『iPhone/iPod touch/iPad』、Windows phoneと国内スマートフォン向けOSの95%以上をカバー。今後は、スマートフォン、タブレット端末向け配信作品数を強化する予定です。

『GALAXY Tab』にバンドルした電子書籍リーダーでは、2万点以上の電子書籍をダウンロード可能。ウェブ上の本棚として、ワンソールマルチデバイスサービス『トランクルーム』を装備し、拡大しても画質劣化が少ない高画質で、ダウンロードした作品に好きな端末からアクセスできます。また、ダウンロードした作品は、『My書庫』機能によりフォルダを作成して“蔵書”可能です。

『GALAXY Tab』で読める主な電子書籍は、男性向けマンガは『海猿』『孔雀王』『ブラック・ジャック』『サラリーマン金太郎』『涼宮ハルヒの憂鬱』『気まぐれオレンジ☆ロード』『サバイバル』『強殖装甲ガイバー』『静かなるドン』『ミナミの帝王』など、女性向けマンガでは『ベルサイユのバラ』『快感フレーズ』『彩雲国物語』『悪魔の花嫁』『すっくと狐』など、総合図書では『昭和史』『世界大博物図鑑』『東洋文庫の各作品』ハーレクイン小説の各作品などを予定しています。
 
 

■関連記事
KDDIがAndroidスマートフォン『IS03』発売イベント 秋葉原ヨドバシカメラでは“実質2万7000円”で販売
NECビッグローブが7インチAndroidタブレット『Smartia』を12月6日に発売へ
KDDIが最新のAndroid 2.2搭載の7インチタブレット端末『SMT-i9100』を発表! いろいろ触ってみました
Androidスマートフォン『IS03』『GLAXY S/Tab』専用アクセサリー19アイテムをエレコムが発売へ
文庫本サイズ ソニーから紙のように読みやすい電子ペーパー採用の電子書籍リーダー2機種発売へ