KDDIがAndroidスマートフォン『IS03』発売イベント 秋葉原ヨドバシカメラでは“実質2万7000円”で販売

写真拡大




KDDIは、au向けAndroidスマートフォン『IS03』の発売日となる11月26日朝、開店前のヨドバシカメラ マルチメディアAkiba店で発売イベント『Android au「IS03」解禁セレモニー』を開催しました。

※写真が一部しか表示されない場合はこちら( http://getnews.jp/archives/86650 )をご覧ください



ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで開催
イベントでは最初に、ヨドバシカメラ代表取締役社長の藤沢昭和氏、KDDI代表取締役執行役員専務の田中孝司氏の順であいさつ。田中氏は、ウェブ上で事前に『IS03』の購入宣言をすると予備バッテリーをプレゼントするキャンペーンの登録者が26日0時現在で27万人に達したことを発表しました。さらに、「おそらくKDDI始まって以来の多数のお客さんが購入登録していただいた。本当にお客様にお礼を申し上げたい」とコメントし、「これから本当のKDDI、auの復活が始まるんじゃないか」と、『IS03』発売に手ごたえを感じている様子でした。

イベントではゲストに、アイドルグループSDN48の大堀恵さん、KONANさん、加藤雅美さん、伊藤花菜さんが登場。11月24日に『GAGAGA』という曲で日韓同時デビューした彼女たちは、発売日が近く、CMにレディー・ガガを採用している『IS03』に親近感と運命を感じているとのこと。司会の方によると、最近日本で勢いのあるK-POPに対抗するセクシーさを売りにしているSDN48と、国内で勢いのある海外製スマートフォンに巻き返しを図る『IS03』のイメージがダブるとのこと。

テープカットでイベントは終了
最後はヨドバシカメラ藤沢氏と松井店長、KDDI田中氏とSDN48の面々でテープカットを行い、イベントは終了。その後報道陣は店内に案内され、『IS03』販売ブースを見ることができました。

“実質2万7000円”の表示
店頭で表示されていた価格は、新規加入と機種変更のいずれも“実質2万7000円”。これは、一括払い6万3000円の本体価格に対して、KDDIが実施する『毎月割』のサービスを適用した計算。『毎月割』は、料金プランで『シンプルコース』を選択し、『ISフラット』または『ダブル定額』に加入したユーザーに対して、毎月の利用料金から最大24か月、1500円(税込み)を割り引くというもの。分割払いにすると、頭金0円で24回払いなら毎月2625円のところ、1500円の割り引きで毎月1125円となり、24回の合計支払いは2万7000円になります。支払い方法や金額は販売店により異なるので、購入を検討している方は実際に購入する店舗で価格を確認してみましょう。

『IS03』主な仕様
OS:Android 2.1
通信方式:CDMA 1x EV-DO Rev.A(CDMA 1X WIN)
サイズ:約W63×D12.6(最厚部13.3)×H121mm
重量:約138g
連続通話時間:約230分
連続待ち受け時間:約200時間
充電時間:約150分(AC時)、約160分(DC時)
カラー:オレンジ、ホワイト、ブラック
ディスプレー:NewモバイルASV液晶 約3.5インチ ダブルVGA(960×640)
外部メモリー:microSD/microSDHCメモリーカード(最大32GBまで)
カメラ:有効画素数約957万画素 オートフォーカス付きCCDカメラ
無線LAN:IEEE802.1b/g
Bluetooth:2.1+EDR
外部インタフェース:microUSB
主な対応サービス:Eメール(@ezweb.ne.jp)、デコレーションメール、Cメール、au one ナビウォーク、LISMO!、Googleサービス、au one マーケット
主な対応機能:おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、ブログアップツール、スマートリンク辞書、歩数計、名刺リーダー、情報リーダー、テキストリーダー

■関連記事
MADまで登場! OSをアップデートしない『IS01』に総統閣下がお怒りのようです
auの『おサイフケータイ』対応Androidスマートフォン『IS03』の発売日は11月26日に
『Android au』第1弾となる『IS03』を発表 『おサイフケータイ』にも対応する“1台持ち”に向けたスマートフォン
CMにレディー・ガガを起用して大攻勢! KDDIが『Android au』の新スマートフォン『IS04』『IS05』『IS06』を一挙発表
Androidスマートフォン『IS03』『GLAXY S/Tab』専用アクセサリー19アイテムをエレコムが発売へ