左から杉山愛、錦織圭、クルム伊達公子

写真拡大

世界最高峰のテニス「全豪オープン」「全仏オープンテニス」「ウィンブルドンテニス」「全米オープンテニス」のグランドスラム4大大会を放送するWOWOWが、11月25日『WOWOWテニス』の制作発表会を都内で行い、凱旋帰国したプロテニス選手の錦織圭、クルム伊達公子、WOWOW・テニススペシャルコメンテーターの杉山愛が登壇した。

錦織圭とクルム伊達公子の写真

WOWOWは12月19日(日)にテニス・イメージキャラクターでもあり、右肘手術による約1年のブランクののち、半年でグランドスラム本選出場圏内の世界ランク99位に登りつめた錦織と、40歳ながら、アスリートの限界に挑み続けるクルム伊達の1年を追ったドキュメンタリー番組『錦織・クルム伊達、それぞれの世界挑戦2010』を放送する。広州アジア大会のテニス女子シングルスで銅メダルを獲得したクルム伊達は「今年はハードな1年でしたが、錦織君と一緒にドキュメンタリーで1年のテニス界のタフさというものが、番組の中でお伝えできるのではないかなと思います。テニスがもっともっと注目され、魅力のあるスポーツとして伝われば」とPRした。

2011年最初のグランドスラム「全豪オープン」に向けて錦織は「来年は大事な年になるので、今までの最高ランキングの56位も越えたいですし、(元選手の)松岡修造さんの46位もひとつの目標に入れてやっていきたい」と意気込みを語った。クルム伊達は「連戦が続くと不利になっていく私にとっては(笑)シードに恵まれることを願っています。最初から全開でいけるように準備をしたい」と語った。これに対し杉山は「身体をしっかりとケアしていただいて、コンディションを整えることが一番大切なことだと思う。また素敵なテニスを見せてください」とエールを送った。

WOWOWでは2011年1月17日(月)から開幕する「全豪オープンテニス」を連日生中継する。グランドスラム4大大会のほかにも「テニスドリームマッチ フェデラーvsナダル」や「ジャパンオープン」など2011年はさらにボリュームアップし毎月テニス中継を行う。

「WOWOW TENNIS ONLINE」特設サイトでは12月15日(水)より杉山愛オリジナルコラム「愛’S EYE」がスタートする。

■関連記事
「WOWOW TENNIS ONLINE」
パク・ヘジンがWOWOWドラマの主題歌で歌手デビュー!