電車に乗り、座席に腰を下ろしふと正面を見ると、皆一様に携帯電話を触っている――よく見る光景に、ここ1年程で少し変化が起きた。スマートフォンを手にしている人が増えて来たことだ。男性だけでなく、女性ユーザーも多い。

 11月24日、小学館から『女子DIME』(P110/550円)が発行された。トレンド情報誌「DIME」の増刊で、テーマは"女子による女子のためのスマートフォンガイド"。巻頭特集は"イケてる女子はスマートフォン!"。

 実際にスマートフォンを利用している女性の1日レポートや、編集部による女子にオススメのアプリ特集などが組まれており、編集部曰く「この本では、商品のカタログ的なスペックよりも、これを使うと「こんなに暮らしが楽しくなる!」「これだけ便利になる!」そんな"使う楽しみ"にスポットを当てて記事を作っています。」(編集後記より)
スマートフォンだけに留まらず、一眼レフ・デジタルカメラや、録画テレビ、デザイン家電などの選び方も紹介されている。

 家電量販店に行っても、結局どれを選べばいいのか分からずに困惑してしまったという経験のある女性は多いはず。女性誌発の男性向けライフスタイル雑誌の発行が続く一方で、男性向け情報誌の女性向けバージョン発行も増えるのかもしれない。



『女子ダイム』
 著者:
 出版社:小学館
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
宝島社「電子書籍に反対」と宣言〜『電子書籍の正体』(2010年11月18日16:32)
『人気女性ファッション誌が資生堂とコラボ―講談社から刊行の6誌合同で』(2010年11月18日05:59)
『内田康夫さんの小説に自分が登場―角川から刊行の選集で』(2010年11月17日05:59)


■配信元
WEB本の雑誌