ドコモの3Dディスプレー搭載Androidスマートフォン『LYNX 3D SH-03C』は12月3日に発売へ

写真拡大




NTTドコモが11月8日に発表した、シャープ製で3Dディスプレーを搭載するAndroidスマートフォン『LYNX 3D SH-03C』の発売日が、12月3日に決定しました。ドコモでは『おサイフケータイ』に対応する最初の端末になります。

3.8インチの裸眼立体視できる3Dタッチパネルディスプレーを搭載。従来の携帯電話向け機能として、『おサイフケータイ』とワンセグ、赤外線通信に対応します。『iモード』のメールアドレスが利用できる『spモード』も利用可能。Android OSのバージョンは2.1で、Flash Player 10.1に対応する2.2へのアップデートは来春を予定しています。カラーはPure White、Fairy Blue、Ink Blackの3色。

960万画素のCCDカメラと画像処理エンジン『ProPix』により、動きのある被写体や暗い場所でも高画質の撮影が可能なほか、1280×720ドットのハイビジョン動画の撮影が可能。静止画を3D化したり、カメラをスライドしながら撮影して3D画像を合成する方法により、3D画像を作成する機能を搭載しています。

『LYNX 3D SH-03C』主な仕様
サイズ:約W62×D123×H13.4mm
重量:約140g
3G連続待ち受け時間:約410時間
連続通話時間:約270分
充電時間:約210分
ディスプレー:約3.8インチ 480×800 ワイドVGA NEWモバイルASV液晶 6万5536色
外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)
カメラ:顔優先 AF CCD 有効画素数約960万、記録画素数約950万
カラー:Pure White、Fairy Blue、Ink Black


■関連記事
MADまで登場! OSをアップデートしない『IS01』に総統閣下がお怒りのようです
ドコモの2010〜2011年冬春モデル発表 Androidスマートフォンは『LYNX 3D SH-03C』『REGZA Phone T-01C』『Optimus chat L-04C』の3機種
ドコモのAndroid 2.2搭載7インチタブレット『GALAXY Tab』は11月26日に発売
KDDIがauのAndroidスマートフォン『IS01』のOSをアップデートしないことを正式発表 『IS03』『IS04』は2.2へのアップデート実施へ
auのAndroidスマートフォン『IS01』はOSをアップデートしない? 思い当たるフシあれこれ