東京・浅草のファッションレザーの老舗卸業である富田興業(株)は、インテリア業界進出を視野に、IFFTライフスタイルリビングに出展、天然のファッションレザーをベースに使用したインテリアアイテムを初披露している。
同社が展開する商品は、ポップな色柄が楽しい本革シートクッション「レザブ」、本革を建築モジュールにして、アクセントウォールなど多彩な使い方を提案する“本革タイル”の「レモデュ」、使い込む楽しさがある本革のiPhoneカバー「レアイ」という3種類。
特に「レモデュ」は、本革ファッションレザーを450角、300角、150角、100角にモジュール化したもの。8種類・54色のバリエーションから自由に組み合わせることで、内装や家具に使うことが出来る新素材。オプションで様々な加工も可能で、技術的な点は、皮革の専門家である富田興行(株)がサポートしていきたいとしている。