アディダスジャパン EXILEとアスリート契約締結

写真拡大

 アディダス ジャパンは、11月22日、ダンス&ヴォーカルユニットEXILEとアスリート契約を締結した。アーティストとのアスリート契約締結は、アディダスジャパン史上初。記者会見では、EXILEにインスパイアされて創られた輝くトレーニングウェア「adibright(アディライト)」も発表。今後「adidas」のプロダクツサポートを受ける他、様々な活動を通してスポーツへの情熱や感動を伝えていく。


【写真をもっと見る】

 世界のリーディングカンパニーとして、革新的なプロダクトや様々なスポーツプロジェクトを通じてアスリート達のサポートを行っているアディダス。サッカー日本代表のユニフォームを手がけるほか、"アディダスファミリー"としてアスリート契約を締結している選手は、女子プロテニス選手クルム伊達公子選手やロッテマリーンズの西岡剛選手、プロビーチバレーボーラーの浅尾美和選手などスポーツ各界におよぶ。

 アーティストとしては初のアディダスファミリーとなったEXILEは、ダンス界のトップアスリートとしても知られており、ライブに向けたトレーニングなど普段の運動量は相当なもの。EXILEについてアディダスジャパン代表取締役社長ポール・ハーディスティは、「大きな意味で日本のスポーツ界トレーニングシーンに革新をもたらす存在」と賞す。

 赤坂BLITZで行われた記者会見には、AKIRAやTETSUYA、NAOTO、NAOKIの4名が出席し、リーダーHIROは、「世界で活躍している選手の仲間入りができて本当にうれしい」とビデオコメントで登場。AKIRAは「スポーツ選手に恥じないパフォーマンスをしていきたい」と、アディダスファミリーとしての今後の活動に意欲をみせた。会場には、プロ史上初の2シーズン200安打を達成したヤクルトスワローズの青木宜親選手やサッカー日本代表アルベルト・ザッケロー二監督も駆けつけ、お祝いの言葉を贈った。

 22日からは契約締結後の初の活動として、EXILEメンバーのトレーニング風景をまとめたスペシャル映像をオンラインなどを通じて公開。今後、スポーツアンバサダーとして様々な活動を行っていくほか、限定店舗でディスプレイやプレゼントなどの店頭プロモーションなどを実施していく予定だ。


 

■adidas Japan×EXILE
URL:http://www.adidas-exile.jp/