ドコモのAndroid 2.2搭載7インチタブレット『GALAXY Tab』は11月26日に発売

写真拡大




NTTドコモが10月5日に発表したSAMSUNG電子製のAndroidタブレット『GALAXY Tab』の発売日が、11月26日に決定しました。OSは最新のAndroid 2.2、1024×600ドットの7インチ液晶を搭載するタブレット端末。3G回線によるネット接続と通話機能を搭載し、ドコモでは“スマートフォン”のカテゴリーで販売します。

厚さ12.1mm、重量約382gと、片手で持てるサイズ。カメラは約300万画素で、約160万画素のインカメラも搭載します。連続通話で最長910分を実現する、4000mAhの大容量バッテリーも特徴です。

『Flash Player 10.1』に対応し、パソコン用サイトをそのまま利用できます。『iモード』のメールアドレスが利用できる『spモード』に対応。アプリマーケット『Androidマーケット』、『ドコモマーケット』、『SAMSUNG Apps』に対応し、アプリをダウンロードしてカスタマイズできます。11月8日の冬春モデル発表でアナウンスされた通り、オンラインメモサービス『Evernote』のアプリダウンローダーをプリインストールするほか、2011年5月11日までに購入した全ユーザーが1年間、プレミアム会員に無料アップグレードできます。

9.7インチ、重量730gの『iPad』に対抗するAndroidタブレットの本命といえる製品ですが、7インチタブレットというカテゴリーの製品は、果たして日本ユーザーに受け入れられるでしょうか。

『GALAXY Tab』主な仕様
サイズ:約W120×D190×H12.1mm
重量:約382g
3G連続待ち受け時間:約1600時間
GSM連続待ち受け時間:約1160時間
連続通話時間:約910分(3G)、約1150分(GSM)
ディスプレー:約7.0インチ 600×1280ドット TFT液晶 1677万7216色
外部メモリー:microSD(2GB、別売り)、microSDHC(32GB、別売り)
カメラ:オートフォーカス対応CMOSカメラ(有効画素数 約320万画素、記録画素数 約320画素)
インカメラ:CMOSカメラ(有効画素数 約130万画素、記録画素数 約130万画素)
カラー:Chic White
Wi-Fi:IEEE 802.11a/b/g/n
Bluetooth:3.0+EDR
FOMAハイスピード:HSDPA 7.2Mbps、HSUPA 5.7Mbps


■関連記事
最新のAndroid 2.2を搭載したドコモのスマートフォン 4インチ液晶の『GALAXY S』とタブレット型の7インチ『GALAXY Tab』の2機種を発表
ドコモの2010〜2011年冬春モデル発表 Androidスマートフォンは『LYNX 3D SH-03C』『REGZA Phone T-01C』『Optimus chat L-04C』の3機種
Androidスマートフォン『IS03』『GLAXY S/Tab』専用アクセサリー19アイテムをエレコムが発売へ
Android 2.2搭載スマートフォン『GALAXY S』発売日が決定! 同時にドコモがFlashや動画コンテンツ配信と電子書籍トライアルサービスを開始へ
NECビッグローブがNEC製『LifeTouch』がベースの7インチAndroidタブレットを一般向けに発売へ