【懐かしいゲーム特集】エレメカの歴史第21回「OXO」(幻のゲームを追え!その10)

写真拡大

世界初のコンピュータゲーム?(画像:「OXO」紹介HPより)

「OXO」は1952年、イギリスのケンブリッヂ大学で「EDSAC」を使用して開発された世界初のコンピュータゲームです。元々「EDSAC」と言うコンピュータは大学での数学研究や科学実験用を主目的として開発されたコンピュータですが、その一環として「OXO」が開発されました。

「OXO」は「三目並べ」とも呼ばれるテーブルゲームの一種で、プレイヤー対コンピュータでの対局が楽しめます。

※当時のコンピュータは巨大な真空管が3000本も使用している仕様でプログラムを組んでいたとのことで、当然ながら研究室での単独運用にとどまり「OXO」は殆ど一般に使用されることが無かったです。

現在、コンピュータ上ではテーブルゲームを含め、様々なコンピュータゲームが存在していますが、その元祖が「OXO」と考えられています。


©COPYRIGHT1996-2010 BY David WINTER.
▼外部リンク

「OXO」紹介HP

■関連記事
イナズマイレブン人気投票801板の反応
【2ちゃんねる】大型掲示板・2ちゃんねるの光り輝く最下層の1番手ってどこなんだよ!
「とある魔術の禁書目録?」BD&DVD第1巻、おまけアニメ付で予約受付中!
フラッパーコミック発売情報!その1
フラッパーコミック発売情報2