11月20日(土・現地時間)、米国ミシガン州アーバンヒルズのザ・パレス・オブ・アーバンヒルズでは、UFC123「Rampage vs Machida」が開催された。

王者マウリシオ・ショーグンが長期欠場中で復帰は来春と目されているライトヘビー級戦線において、今大会のメインイベントでは、リョート・マチダとランペイジ・ジャクソンが再起を懸けて激突。5月のUFC113でMMA初黒星を喫し、ショーグンに王座を明け渡したリョート、そして、同じく5月のUFC114で、現No.1コンテンダーの呼び声高い元王者ラシャド・エヴァンスに敗れているランペイジ――、前試合での敗北を経て、更なるパワーアップに成功しているのは果たしてどちらか。

サウスポーから左のローを当てていくリョートに、時折、大きな左のフックを返していくランペイジ。2Rにはリョートからテイクダウンを奪うも、終了間際には左のストレートを被弾した。3Rには、リョートがパンチのラッシュでランペイジを一気にケージまで押し込むと、左ハイからサバ折りでテイクダウン。マウントから腕十字を仕掛けると、上下を入れ替えたランペイジがスラムで抱え上げたところで立ち上がったリョートがバックからヒールを狙うも、ここで試合終了となった。

ジャッジの裁定は、29-28、28-29、29-28の2-1でジャクソンに。その瞬間、目を見開き驚きを隠せないジャクソンは、すぐにリョートの傍に駆け寄ってリマッチを約束。一方のリョートは、ジャッジの判断に何もいうことはないという意見を貫いたが、表情は当然納得のいっているものではなかった。

また、セミファイナルでは、04年と06年に戦い、1勝1敗のマット・ヒューズとBJ・ペンが3度目の対戦へ。とりわけ06年以降、ヒューズ、ジョルジュ・サンピエール(2敗)とウェルター級では結果を残せていないBJは、ライト級でもフランク・エドガーに目下2連敗中と、かつてない逆境の中でヒューズ戦を迎えたが、試合は開始21秒、BJが右ストレートで呆気なくダウンを奪い、パウンドで完勝した。

その他にも、気になるライト級戦では、アグレッシブな仕掛けをみせたジョージ・ソティロポロスがジョー・ローゾンからキムラアームロックで一本勝ち。同級の新鋭ニック・レンツは連敗中のタイソン・グリフィンから判定勝利を挙げている。

ランペイジ&リョートは異様なテンション
敗北で、進化したのはリョートかランペイジか


第11試合 ライトヘビー級/5分3R
○ランペイジ・ジャクソン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
リョート・マチダ×
(ブラジル)
第10試合 ウェルター級/5分3R
×マット・ヒューズ
(米国)
1R21秒
TKO
詳細はコチラ
BJ・ペン○
(米国)
第9試合 ミドル級/5分3R
×ジェラルド・ハリス
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
マイケル・ファルカォン○
(ブラジル)
第8試合 ライトヘビー級/5分3R
○フィル・デイビス
(米国)
2R2分55秒
キムラアームロック
詳細はコチラ
ティム・ブティッシュ×
(米国)
第7試合 ライト級/5分3R
○ジョージ・ソティロポロス
(豪州)
2R2分43秒
キムラアームロック
詳細はコチラ
ジョー・ローゾン×
(米国)
第6試合 ウェルター級/5分3R
×マット・ブラウン
(米国)
2R2分11秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
ブライアン・フォスター○
(米国)
第5試合 ミドル級/5分3R
×アーロン・シンプソン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
マーク・ムニョス○
(米国)
第4試合 ウェルター級/5分3R
×カロ・パリジャン
(米国)
1R1分47秒
TKO
詳細はコチラ
デニス・ホールマン○
(米国)
第3試合 ライト級/5分3R
○エジソン・バルボーザ
(ブラジル)
3R26秒
TKO
マイク・ルーロー×
(米国)
第2試合 ライト級/5分3R
○ポール・ケリー
(英国)
2R3分16秒
TKO
詳細はコチラ
TJ・オブライエン×
(米国)
第1試合 ライト級/5分3R
×タイソン・グリフィン
(米国)
3R終了
判定
ニック・レンツ○
(米国)