フラッパーコミック発売情報2

写真拡大

フラッパーコミック発売情報その2

●鬼の作左1
主君の為に死すことこそ至上の誉れ−−。謀反や寝返りが当たり前の戦国の世にあって、主君・徳川家康に対する絶対の忠義で戦い続けた忠勇無比の家臣団、通称“三河武士”。そんな三河武士の中でも、とりわけ異彩を放つ男がいた。隻眼、片足、そして数えきれないほどの戦傷。主君といえども容赦なく叱り、天下人相手に正面からケンカを売る男。戦国最“恐”の硬骨漢、その名を本多作左衛門重次。人呼んで“鬼作左(おにさくざ)”!!

著者:西条真二
仕様:B6判
発売:11月22日
価格:\590(税込み\620)

●咆哮! 島津十字1
戦国時代の九州。薩摩の島津貴久は、鎌倉以来の領地(薩摩・大隅・日向)回復を目標に、周辺勢力と一進一退の攻防を繰り広げていた。その戦いにおいて、貴久の長男義久、次男忠平(後の義弘)、三男歳久は、いずれも知勇兼備の将としてそれぞれに活躍を見せていた。……そして歳の離れた四男の家久、彼にもついに初陣の日が訪れる! 戦国きっての戦上手・島津家久、そして戦国最強の島津四兄弟が、九州に旋風を巻き起こす!

著者:sanorin
仕様:B6判
発売:11月22日
価格:\590(税込み\620)

●ダンス・マカブル−西洋暗黒小史− 1
中世ヨーロッパで連綿と続き、とりわけ後期では異常なほど発達を遂げた拷問と残酷な処刑の数々。特権階級を持つ貴族たちの際限のない欲望から生み出されたものや、「魔女裁判」や「異端審問」など宗教家たちのエゴから生まれたものなど、多岐にわたるそれらの拷問具や処刑法が使用された様々なエピソードをオムニバスで綴る暗黒絵巻――。

著者:大西巷一
仕様:B6判
発売:11月22日
価格:\590(税込み\620)

●マイデイア―正岡子規と秋山真之― 上
日本の俳諧に大きな功績を残した俳人、正岡子規と日露戦争における日本海海戦を勝利へと導いた名参謀、秋山真之の東大予備門生時代を描いた青春記。激動の時代において、将来の日本を担うべく集まった予備門生のリアルな心情とは――?
『坂の上の雲』でも描かれた明治の学生群像劇がここにある。

著者:橋本届
仕様:B6判
発売:11月22日
価格:\552(税込み\580)

●先生と僕―夏目漱石を囲む人々― 1
文豪、夏目漱石にまつわる史実を元にした4コマ漫画!神経質、厳しそう…などのイメージが一般にもたれている夏目漱石は多くの友人・門下に愛されたとってもチャーミングな人柄★人間味溢れる夏目先生の姿には思わずキュンとしてしまうはず!
漱石の孫で漫画コラムニストの房之介氏からも『爆転去私(笑)』という推薦メッセージあり!

著者:香日ゆら
仕様:A5判
発売:11月22日
価格:\714(税込み\750)


▼外部リンク
コミックフラッパー


■関連記事
『コンプティークモバイル』にて 「FORTUNE ARTERIAL−フォーチュンアテリアル−赤い約束」 コンプモバイルガチャ第2弾
機巧少女は傷つかない1巻、通常・特装版いよいよ発売
コミカライズ発売!「世紀末オカルト学院」
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」桐野・黒猫のぬいぐるみが3月発売!
現代プラモデル技術を駆使した1/500スケール「宇宙戦艦ヤマト」