韓国のタクシーに乗ったら5倍の運賃とられた! ネットユーザー「日本人お断りな国に旅行に行くのが悪い」

写真拡大

日本人観光客が韓国でタクシーに乗ったところ、通常なら約2200円ほどで行ける場所なのに、約1万1000円もの運賃を請求されたという。このような韓国人の対応に、日本人インターネットユーザーは「日本人は人によって値段を変えて商売したりしない」や「こういうのを差別って言うんだろ」と怒りをあらわにしている。

なかには、「わざわざ日本人お断りな国に旅行に行くアホが悪い」や「韓国とはそういう国だ。良い勉強になったな」という意見の人もいた。韓国は隣国として仲良くすべき存在だが、このような事をされると韓国に対して悪いイメージを持ってしまうのは仕方がない事である。

この出来事を伝えたインターネットニュースサイト『朝鮮日報』によると、このタクシーは無許可でタクシーを営業している悪質なものらしく、タクシーメーターを改造して数倍の速さで運賃があがっていくものだという。

・インターネットユーザーの声
「タクシーは韓国が起源。これ豆な」
「韓国に限らず観光客ぼったくりするのは外国じゃ常識だろ」
「これだから日本人は危機管理意識が足りない」
「料金メーターに日本人用ボタンでもあるのか」
「韓国では常識すぎてなにをいまさらって感じだな」
「そうしてタクシーが韓国から消えた」
「前々から不思議だったんだけど韓国ってどこにあるの?」
「韓国で無許可タクシー乗ったことあるよ。普通のバンなのに見事にメーターがついてた」
「韓国行ったときにガイドにギャンブルはやめとけって言われた。結構ひどい目にあう人が多いみたい」
「オレもサイパンでタクシーボラれたよ。夜中で怖かったから素直に払ったけど」
「海外なんてどこもそうだろ。交渉するのがめんどいからいつもそのまま払ってるわ」
「韓国行って何するの?」

書き込みのなかに「日本のタクシーくらいだよ世界中の民族に平等なのは」という意見があったのだが、まさにその通り。日本ほどタクシードライバーの水準が高い国はなく、日本と同じ感覚でアジアや欧米でタクシーに乗ると痛い目に遭うことがある。すべてのドライバーがそうではないが、タクシーがらみによるボッタクリや犯罪行為が行われるのは日常茶飯事なのだ。

韓国に限らず、海外のタクシーに乗る場合は「許可を受けたタクシーなのか?」や「ちゃんとタクシーメーターを使ってくれるのか?」などのチェックは最低限しておきたい。旅行ガイドブックやインターネット上には各国のタクシーに安全に乗る方法が掲載されているので、渡航先の情報を事前にチェックしておこう。

写真: ロケットニュース24(写真はイメージです)

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースがあります