「Wii」も「PS3ムーヴ」もスピーカーもあるから「Xbox360キネクト」を置く場所がない! 最適な置き場所を検証

写真拡大

Wii、プレイステーション3のムーヴ、Xbox360のキネクト。すべてにおいて共通しているのは、テレビの前に認識装置を置かなくてはならない点だ。しかもセンタースピーカーをテレビの前に置くと、テレビ台がギュウギュウ状態になってしまう。

しかも、それぞれの機器をテレビの前に置けばいいというものではない。機器を最適な状態で配置するには、できるだけテレビの中央に設置する必要がある。特にWiiのセンサーバー場合はテレビの中央に置かないとマトモにゲームができない。

さらに最近のテレビは薄型化が進んでいるため、テレビの上にそれらの機器を置こうとしても置く場所がないケースが多い。よって、置くならばテレビ台の上という事になる。では、どのように配置すればいいのか? 当編集部がWii、PS3ムーヴ、Xbox360キネクト、センタースピーカーの最適な配置を検証したのでお伝えしたい。

テレビの中央にすべての装置を設置する事はできない。必然的に中央に置くべき装置はWiiのセンサーバーとなる。Wiiは設置場所に融通が利かないのでド真ん中に置かなくてはならない。テレビの横に置いたりするとうまくWiiリモコンで操作できない。

Wiiのセンサーバーの背後に、プレイステーション3のムーヴを置く。ムーヴは専用コントローラをカメラで認識し、その動きをゲーム画面に反映させている。また、ムーヴのカメラをゲーム画面に映してプレイするゲームが多いため、できるだけテレビの中央に置いたほうがプレイしやすいのである。テレビの端にムーヴを置いてしまうと、ゲーム画面で押したいボタンに手が届かない場合があるのだ。

キネクトをムーヴの左横、センタースピーカーをムーヴの右横に置く。つまり前列にWiiのセンサーバー、後列に左から順番にキネクト、ムーヴ、センタースピーカーと並べるとベストだ。キネクトはド真ん中に置かなくても大丈夫か? という疑問がわいてくる人がいるかもしれないが、問題ない、大丈夫だ。なぜならば、キネクトは監視カメラのように自動的に動いて最適な方向を向いてくれるからだ。

ということで、そのような並び方でゲームの周辺機器をセットすれば、どのゲーム機でも最適な環境でゲームを楽しむ事ができるはずだ。しかし、キネクトはテレビの前にガラステーブルすら置いてはいけないので、テレビ前方に1.8メートル以上、何もない空間を作る必要がある。また、テレビ台の奥のほうにキネクトを置くと人間の脚を認識できない場合があるので、キネクトはできるだけテレビ台の前方に置いたほうがよい。

また、3Dテレビの場合はトランスミッターの受信機がテレビに内蔵している場合があるので、ムーヴやキネクトを置くことによって3Dメガネと3Dテレビのシンクロができなくなる場合があるので、それらの障害にならない配置にする必要があるのでご注意を。

写真: ロケットニュース24

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースもあります