(社)日本インテリアファブリックス協会(吉川一三会長)及びウィンドートリートメント業界活性化プロジェクト(略称:WTP)では、インテリア専門店向け研修会「第3回WTP研修会 専門店の未来が業界の未来をつくる!」を、「JAPANTEX2010」会期2日目の11月18日(木)に東京ビッグサイト会議棟にて開催、専門店関係者約100名が参加するなど盛況だった。
WTPでは、「JAPANTEX2010」会場内でも「WTPセミナー」を実施、実践的で関心度の高いテーマを取り上げ多くの受講者を集めたが、この「WTP研修会」とはインテリア専門店経営の基本部分を押さえた本格的な講習会で、「経営編」「店舗環境編」「販促・サービス編」「接客マナー編」という4科目について、専門家を講師に招き徹底的に掘り下げて解説するというもの。
これまで過去2回実施し好評だったが、東京会場のみでの開催だったため、関東圏以外の専門店の参加が難しかった。今回も東京での実施となったが、開催日をJAPANTEX会期中としたことで地方の専門店関係者も多数参加した。