11月18日、バンダイナムコゲームスはXbox 360用ソフト『アイドルマスター2』を2011年2月24日に発売すると発表した。キャラを巡ってひと騒動あった本作だが、その売れ行きにどう影響するだろうか?

『アイドルマスター2』はアイドル事務所のプロデューサーとなり、アイドルユニット育成を行うゲーム。前作もXbox 360で発売されており、PSP、DSを経て、ついに続編が出る形となった。初回生産限定パッケージは「きらきらパッケージ仕様」に「765プロアイドル撮りおろし宣材生写真」(全4種セット)「765プロ社員証」(社員No.+シリアルID入り)が封入され価格は8800円(税込)となっている。

登場キャラを巡って一時期インターネット上で批判の繰り広げられた本作。一部のファンにNoを叩きつけられた本作の売れ行きにどれだけ影響あるのかも気になるところだ。
(TechinsightJapan編集部 林 裕之)

【関連記事】
昔の名作をアレンジ。「ナムコジェネレーションズ」を発表。
『ファイナルファンタジー14』の大規模バージョンアップ内容が公開。
『風来のシレン5』にファミ通DXパックが登場。
ニンテンドー3DSの価格にゲーム業界の変化を感じ取る。
FF13がXbox 360で発表。ゲームは先に買えば損をする?
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!
【参照】
アイドルマスター2公式サイト